スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

魔導砲兵サブカルなのはBP6


381 : ◆O27xb/033o:2016/02/06(土) 16:15:30 ID:3AHN3w/E
国に忠を尽くそうが、組織に忠を尽くそうが貧乏くじ引かされる展開すこ

デビサバやる前にアップがてら少しだけ……



384 : ◆O27xb/033o:2016/02/06(土) 16:19:57 ID:3AHN3w/E





      R(リリカル)-type2.1 もとい サブカルなのはBC







              -─‐──‐-、
         /             \
        / ;            ヽ
        l  U                l
        |     , 、     ;    |⌒´⌒`ヽ、         不穏すぎワロエナイ
       !、  _ノ" "ヽ、__  ∪        \
        ヽ ((●)  (●) )::  /⌒゛`       l:
         /ヽ~゜(__人___)~__ ,ノ|     ,     |
         /   /` ⌒ ´    |     |    ,   !
          /   /    | `ー-,,,|"   |___,ノ   |
       /   /     |    |    |     ,lー─- 、
    , --‐-ー、_/      l     ,|    |   ,/  )   )
   く / / ァ- ,ノ      \ノ^ノ^/⌒ヽ.j\  /^ー-‐'
    `ー' ー´ ̄       (_イ_,イ、_,ィ'´__/   ̄


386 : ◆O27xb/033o:2016/02/06(土) 16:23:23 ID:3AHN3w/E





      じゃあ俺、消えっから みたいなノリで、長くとも二年で死ぬとか言われて、どう反応すればいいのか

      しかも自分は病床についており、見た目は健康そうな感じの……

      到底還暦間際には見えない女に言われてである

      その上、そいつの面はできるだけ拝みたくなくても、居なくなられるとすんげぇ困る立場でもあるのだ

      ぶっちゃけ嫌いではあるのだが、コイツの頭ん中身だけは絶対に必要なのである



           _,... -―-- 、__
          / 7//777ヽr777 }
          {ミ/´   `ー ´ V
            l/イ _  、  , _ }
           _l/!  tォァ / {ィtァ !
          {(j/!   ¨    } ¨  〉
         ∨/\ ,....-=-'_ /}       …………は?
          /!/////r―‐-ュ}//,〉
       ,..ィ{ \///ー7777////
  _,  < }:::::l   \/////////}、、
<´  >'´ |::::::::.、  く>  ̄ ̄ ̄´ }::::、`> 、
> '´i i i i i |::::::::::|\    /介∧ jl:::::',i i< >、
i i i i i i i _イj::::::::::::,  \_/ /-{ ∨ l::::::,i i i i_i<  >、
i_iイ;;;;;;;;;;;;;;;l::::::::::::::::、   {  |   }:::::::、;;;;;;;;ヽi i i<__}
;;;;;;;;;;;;;;;;,...イ、::::::::::::::::\  |  |   /:::::::::〉;;;;;;;;;;;;;;;;ヽi i |
;;/ ̄::::::::::::::\::::::::::::::::\|  |   /::::::::/:::::::::::::`ヽ、;;;;;;;}


391 : ◆O27xb/033o:2016/02/06(土) 16:27:43 ID:3AHN3w/E





     この御仁、結構前から内蔵とか色んな物を煩っている

     外見はエロゲヒロインできそうでも、しっかりお年はアラウンド還暦であったのだ

     元々プロジェクトF.A.T.Eを進めていた時から煩ってはいたものの、年が年だから仕方ないともいえる

     ぶっちゃけ平均寿命から少し短いくらいで、トントンというところだろう

     その上、当人は自戒もこめて治療を受けていなかった……事件から三年、よく保った物である




                    _....--.._
                ,.ィ:::´:::::::::::::::::::`::::´ニ=- 、
               ,イ::::,:::::::::,.ィfミiii}:::::::::::::::::ヘ
.                ム:::/:::::::/-.l:!=()!:::::::::::::::ヘ:::、__,,
                ム::/:::::≦苡}' ./:::::::::::::::::ム` ̄
.                ム::i:::::/l!     .ノィヘ::::::::::::::l:}        だましだましやってたけど、駄目ね
                ム:::|::::ト     ´  .マ::::::::リ|′
        ,任\    ム::::|::::l、   ≦=ュ /:lノl'レ′        物を食べるどころか眠ることすら難しくなってきたわ
       ,イニニニ≧ー===|:::|.} ` .。  ¨ ,.イ:::|____
.      /三/´ ̄`寸ニニl:::|ミ、   `ー'ニ.|:::|ニニ≧s。__       短くて半年、保って二年
     。s'ニ/    _,.イ::`寸ム::', ` ==、.ニニ',::!三三三ニ>=、
  -‐´一'´    ,イ .  ̄ ̄ ` マム、  `ー‐`ム::','´ ̄ ̄  `寸.ヽ    ま、割と長持ちしたほうね
        ,.イ . . . . . . . . . . マムr-  ______ム::ヽ`、     `<ヽ
         / . . . . . . . . . . . . . ',::}`ー--r-…' ヽ::::`::..、      ヾj
.       {._r--───一´ ̄}::!   ', i     ` ::::::ヽ
        {ニ!:.:.:.:.:.:.:.:.:/{:.:.:.:.:.:/::j.\  i ,      }.ヽ:::}
        ヽj:.:.:.:.:.:.:.:.:.}ヘ:.:.:.:./:::リ:.:.:.:.ヽ ハ      /:.:.:.:.:}
         {:.:.:.:.:.:.:.:.:.{、:.ヽ./:::/:.:.:.:.:.:.ノ⌒ヽ__ノ:.:.:.:.:.リ
.         マ:.:.:.:.:.:.:.ム.マ:.:{::::{-─ ´ニゞ___,ィ`ー- -- ´ム


394 : ◆O27xb/033o:2016/02/06(土) 16:32:30 ID:3AHN3w/E



    人間は何時か死ぬのだ。タイミングを選ぶことはできない

    しかし、迷惑な時に死のうとするのはホント勘弁してもらえないだろうか

    年の瀬とか年始とかに死なれると、ホント大変なんだよ。葬式とか法事とか宴会とか……

    この場合、元日に死ぬより迷惑といえよう

    陸に画期的なブツと、その運用プランを供給したのはいいが、その後の問題点改善にも
     開発者は必要なのだ

    その辺まるっと放り出されると……なんだ、かなり困る



          ___
       。s≦::::::::::::::::≧s。     _
.    /::::::::::::::::::::::::::::::::::::,:::`7`'`´:',__
.   ,イ:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::,':::::,':::::::::::::',:::::ヽ
   :::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::i::::::i:::::::::::::::::,ヽ\'.,
   :::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::!:::::l::::::::::::::::::l:::ム ヾ
   ::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::l::::::|::::::::::::::::::|:::::ム
   ::::::::::,'::::::::::::::/:::::::::::::|::::::|::::::::::::}:::::::l:::r、\_,
    ::::::::/:::::::::::::/:::::::::::r‐|::::::|!:l::::l::/::::j::l|::!  ̄
   :::::/:::::::::::::/::::::::i:::::!r.|::::l:|ヘ!:::l' i.|/|/|::}         引き継ぎ資料は作ってあるし
    :::/:::::::::::::,':::::::::::!::::ヘ_l:::::l:! ヽ! ァ  }/
   ::':::::::::::::/:::::::::::,'::::::::::|:::::|'. _ _/             マスプロモデルは完成するだろうから
   :::::::::::::::'::::::::::::,'::::::::::::|__::', /               後は何とかなさいな
   :::::::::::::::::::::::::::,::::::::::::::|ニニニ≧s。、
   ::::::::::::::::::::::::::i:::::::::::::::|三三三三三ヽ、         魔導強化外骨格と……夜天の書
   ::::::::::::::::::::::::::!:::::::::::::::|≧、ー- _三三ニヽ
   :::::::::::::::::::::::::|::::::::::::::::',ニニヽ::}   ` ー、三ニ\      これだけお膳立てして転んだら、それこそ
   :::::::::::::::::::::::::!::::::::::::::::::',ニニ三≧s。    `<ニ\      地獄で面合わせた時、どうなるか分からないわよ
   :::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::!ニニニニ≧、     ` ̄マヽ、__ ,,
   :::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::',ニ三三三三}      ` ̄ ̄
   :::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::}ニニニニニ}
   :::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::|ニニニ三三ム
   :::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::|ニニニニ三}
   ::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::,|ニ三三三三ム
   :::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::/::/:|三三三三三ム
    :::::::::::::::::::::::::::::::::::::::/:::,'::::',ニニニニ三三ム


396 : ◆O27xb/033o:2016/02/06(土) 16:39:52 ID:3AHN3w/E





    しかも、まだやって貰いたいことも結構あったのだ

    あの三つの脳みそだとか、後日談世界出身者疑惑のある変態科学者とかの相手

    アレもちょっとやって貰いたかったのである

    外骨格プランのおかげで、正直風聞的にヤバイ戦闘機人は欲しくなくなったのだ

    だからその辺説き伏せるために色々尽力して欲しかったのだが……

    声を掛ける間もなく、魔女は艶然と微笑んで部屋を辞した

    多分、最後にかけた言葉は嫌がらせか何かだろう



   :::::::::::::::::::::::::::::::::,::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::/:::::::,::::::::::/,:::::::::::::::::/:/:::::::::::::}::::::
   :::::::::::::::::::::::::::::::::i:::::::::::::::::::::::::::::::::::::/:::,::::/::::://::::::::::::/:::::/:::::::::::::::!::::::
    :::::::::::::::::::::::::::::::l::::::::::::::::::::::::::::____/__/_/:::::/ ./:::::::::/./::,ィ::::::::::::::::::l:::::::
    ::::::::::::::::::::::::::::::::i:::::::::::::::::::::::::::::::::/:::/::::i::::::'`/‐-≦、 ./ ' .l::::::::::::::::::i::::::::
   ::::::::::::::::::::::::::::::::|::::::::::::::::::::::::::::::::i::/::::::/:/____イ  .7ベ、  ム:::::::::::::::ム::::::
   ::::::::::::::::::::::::::::::::!::::::::::::::::::::::::::::::::|'::::::::::ヾ{::i__ソ:ミッ、    フ:,ィ:::::::::::::::::ム::::
   :::::::::::::::::::::::::::::::i::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::/i:::,' ゝ<___  ヾ./' ノ::::::::::::::::::::::}::::      じゃ、そういうことだから
   :::::::::::::::::::::::::::::::|:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::' .|:i.        ̄ ,'/f:::::::::::::::::::::::::リ::::
   :::::::::::::::::::::::::::::::|::::::::::::::::::::::::::::::::::::::, i'       ′ i':::,ィ:::::::::,ィ:::::/:::::      養生しなさいね
   :::::::::::::::::::::::::::::::|:::::::::::::::::::::::::::::::::::::,             /ィ:/:::::::/:i::::/:::::/
   ::::::::::::::::::,::::::::::::|::::::::::::::::::::::::::::::::::::,          /'  マ:::::::/::/:/:::::::j
   :::::::::::::::/:::::::::::::,!::::::::::::::::::::::::::::::::::,         ´     マ::/::/:/i:::::::/
   ::::::::::::/::::::::::::::リi:::::::::::::::::::::::::::::::::ム          __     .マ:ノ:/ .|::::/
   :::::::::/::::::::::::::::,' |:::::::::::::::::::::::::::::::::::ム   、     r--一, ̄/.レ′.|::/
   ::::::/:::::::::::::::::,'ー.!:::::::::::::::::::::::::::::::::::::ム.    ` ‐-r‐′  .//    .|/
   ::::/:::::::::::::::::,'三三ニニ≧s。::::::::::::::::::::ム   / ´     ′
   :/::::::::::::::::::,'三三三三三三三ニニ≧s。  /
   :::::::::::::::::::/三三三三三三三三三三三三ニニ≧s。
   ::::::::::::::::::'三三三三三三三三三三三三三三三三三三ニ≧s。



399 : ◆O27xb/033o:2016/02/06(土) 16:46:09 ID:3AHN3w/E





    まーでも、自分で始めたことは自分で終わらせるのが大人だし、多少はね

    自分の尻くらいは自分で拭いて貰わないと困る

    とはいえ、自分は自分で娘のなりそこないとか、作った物とか仕事とか……

    そういうのを若いのに押しつけようとしてるのだし、どのみち地獄行きは確定である

    なら、その当て付けを多少したって誰にも文句は言えまいて

    言ってきたところで「ふーん、で?」と言ってスルーするだろうけども



                  _- -   ── ‐- -..、
               ,<.' "             \
              f´. ` 、___   ___ ,. . -‐‐  \
                 ∨    ,イノ ̄            ',
                ∨ヽ.  |      ,-‐‐‐-彡    |
                    /  \ |  / ̄  u   `、.    |
                 /     ヘ|/          /    |
             / u.  三三          ヽ  |彡   |      こふっ……な、ナースコールを……
                 {_    三        _', /.     |
                |  \  l  L_-‐‐'  ̄   |/⌒}. !
              ', 《にフ> |   ヽ、に7.ゝ u.  |    |. ト、
                 |  / .イ    ` ̄´     /|.   | ./  `ヽ
                _|u.    ,ノ  ム_       \   |∧     >‐--,
            ,.'  ̄.  |   f´ ̄ゝ-‐″ `丶   u  ハ_,ノ ∧         >..
.      r-‐′     \ { l ̄`Y´ ̄`‐- ', u.   |. /   |            `>、
     /          .∧! | r-―─―┐l `、.    |/.    |              \
    /||.         | ∧ヽr'‐-----`ノ   ヾv-‐7!      |                / >、
  /||. ||            | ∧  ̄ 二 ̄   /   /. |      |二二二二二_ ヽ   / /  }
./  .||. ||二二二二二ni |  ∧`丶/\__/    /  |     |        ヽヽ/ /.    |
    ||. ||        /   ∧________/  |     |         | | ̄|      |
    ||. ||          /      j     只       /.      !          | |  |      |


403 : ◆O27xb/033o:2016/02/06(土) 16:52:35 ID:3AHN3w/E





    そして彼女は、翌日退院して出勤してきた若いのに何食わぬ顔で接するのだ

    当人に聞かせたら「辞めさせていただきます」と辞表叩き付けそうな事を腹に蓄えながら

    一応、ご褒美になりそうなことも考えてはいるのだろうけれど……

    正直、それで天秤が釣り合うかと問われれば、当事者である青年は渋面を作るだろう

    観察日記を付けながら、魔女から講義され、ついでに士官学校の促成過程も再開……

    青年のデスマーチは暫く続くぞ!



                              ,..-‐…‐- .._    __
                        . .:´:.:.:/^ヽ: .: .:. :.:.ミー'´.: :.ミ:.、
                           /.: .:∧/.: .:. :.)ヘ.:. .: : : .:. :‐-=ミ:.、
                         /.: .. .:/ .:.`.:. .:. .:. .:. :.\ヘ:.:Vヽ.: :\
                         .:.:i:.:.:.7. .:. .: .: . :. .. . . .. .:ヽ:.丶v.:.\.:..\
                     ;:.i:.:.7. .:.':./∧:. :. .. . . .. . :ハ.:.:|: :. :.vへ:.:\
                     |:. i:.7. .:.:i∧i「^V、.. .. .. . . .:.:i:.:|:. :. :.ト、 `¨~`
                     |:.:И..j.:..i|‐-|i--vヘ : : : :. :.:.:.|:.:|::. :. :| !i
                     |:.:.レ:.:.|¬─jj‐--vヘ :. :. : .:i:.|:.:|::i::;:.:| !i
                     |:.:从:.::.::代旡Z``\\.:.i:.:i:.|:.:|::i:.i:.:j jj
                     |:.:.{ vヘ:.i i      | \`j:.:i:.j:.:|::レレ゙
                     |:.:人从:.:\     j〉  )jレレ':.:.l:::.:|  _,,...-‐=ニ二Ξ二ニ==‐-  ..,,_
                     |:.:.:.:./´⌒>‐、  _ _//,ムl::.:l:i斗<                    ____`ヽ、
             _,,...-‐=ニ二Ξ>'´  /   i 〉 `¨´ ´ ,イ 1::.l.:|         _三Ξニ=-‐   ´
 _,,...-‐=ニ二Ξ ̄         /く    /  ,ィ==j> .. イ ト、|;:.:i:.l          /
‘──────────<>、/i:》 》, 厶イ r‐’ノ竺竺竺竺! |i:.:;:.:l      /_
                んZi:i:i:i》 》////.:.:丁__`¨¨¨¨¨¨´| l:i:.:.从    /'///ミ>、
                  / 〕i:i:i:/ /.:j///.:.:.:/\ `¨¨ヽ、 ,ノ|:.i :.:.:.:.\/////////∧
                   |  ]i:i:/ /.:i7'// .:.:/>.、\      乂:.:.:.:.:.:.:.:.≧=‐-ミ,'///ハ
                   |  ]レ゙ ,イ.: .i|//:.:.:/     >.、_,r───┬=≦-=ミ:.:‐-:.`Y///ハ
              f⌒~/レ゙. : : :i|/:.:.:んニ=孑'⌒^ア`ー‐┬‐‐' ̄ ̄ ̄|: :`Y:.:.:.:|,'///ハ
                i| '/: : : : : : :.i| i:.:.|////7: : : /      :.         |: : :.|:.i:.:.i|/////ト、
                iL/: : : : : : : .:i乂.:ij'///7.: : :/      :.       |: : :.|:.i:.:jj/i///,j/ヘ、
                _j7: : : : : : : : .:i:i:i:i:)'///7: : :《          :.       i: : :.乂レ゙i/i///j//∧
              ィ⌒!: : : : : : : :.:i:i:i:i://///i: : : : \       ,へ    /: : : : ム'/i/i///j////!
               い__{: : : : : : :.:i:i:i:i:i厶////|: : : : : : \ ____人人__/.: : : ;イ///i/i//,'j'////!
              Z⌒ニ八: : : : : .:i:i:i/ \゙///|: : : : : : : : : : : ;イY∀Y≧=‐=≦'/////i/i///j////!
      | ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄|\ /|///|≧=‐-,-‐=≦: : :.:∧:. : : : : : : : |,'////i/i//」L」L」L、
      |┌────────┐l  l |///|'//; ; : : : __r‐……‐---┐____ 」L⊥L」/i⌒ヽ   vヘ


404 :普通の名無しさん:2016/02/06(土) 16:53:26 ID:TlV0Wkjo
倒れるに至った環境があんまり改善されてないじゃないですかやだー


405 :普通の名無しさん:2016/02/06(土) 16:56:24 ID:ur/nLIqo
勉強の過労で倒れますね……


406 :普通の名無しさん:2016/02/06(土) 16:58:21 ID:nEcCL.e6
倒れる程度ですめばいいねー
エリートコースなんだけど素質が足りない者にとっては地獄やん
やる夫がんばれ


407 :普通の名無しさん:2016/02/06(土) 16:59:14 ID:RZptnwDY
元々、何らかの志があったとか、利権やしがらみがあるとか
家系的なナンラカとか、特殊能力持ちとかじゃなくて
ばあちゃんに良い医療と幸せな余生を・・・が目的の新入社員に
これは、ちょっと・・・


408 :普通の名無しさん:2016/02/06(土) 17:00:51 ID:Rf.sG1bY
>>407
本人も気づいてないが自業自得なんだよなぁw



409 : ◆O27xb/033o:2016/02/06(土) 17:00:57 ID:3AHN3w/E





     本来士官学校には二年在籍し、学内で訓練受けたり専念しつつ頑張らねばならぬのだが……

     諸般の事情も相まって、青年は仕事しながらの速成過程により一年で卒業

     三等陸尉としての階級を預かることとなる。旧軍で言えば少尉殿、一端の士官という訳だ

     まぁ、士官といってもデスクワーク士官であり、カリキュラムは短縮された部分も多ければ

     肉体修練カリキュラムは半分以下になっているので、大分温めに再設定されていたのだが

     幾らハヤテリック観察日記くらいしか仕事がなかったとしても……

     魔女の助手やりつつ、彼女の薫陶も受けながらとなれば、並の苦労では無かっただろう

     良くやったと誉めてあげて欲しい



                      ____
                   , ´         `ヽ、
                     /             ゙\
                ,/゙   ...::::l::l:::::....     u  ゙i
               ,/' -==='::::::::::::::゙===-     i
               i!     γ   ヽ      U  |       あー……きつかった
               i     i  ,   !         J l
               i!     i`ー'`ー‐i´       ,i'
                ゙i、     ̄二二 ̄     u  ,/'
                 ヽ、            /゙
                  /           ヽ
                    /                \


414 : ◆O27xb/033o:2016/02/06(土) 17:05:37 ID:3AHN3w/E




    誉めた結果がこれだよ。ご褒美がコレとか酷くないですかね?

    本来軍大学には、佐官数名からの推薦とか、3年以上の士官勤務が必要だったりするのだが

    そんなもんは全部上からの嬉しくないコネでクリアされる

    酷い話もあったもんだ。本人は翻訳業やりながら、SF作家になりたかったのに

    気がついたら異世界で士官様である。笑うべきか泣くべきか……多分当人は吐いてると思う




.                 ,,....-‐-::...,,
              ,.-.、,.:'へ、-、__‐-、:::ヽ
.            ,-=´:::,-、:illli:::`:::ヽ`:、:::',:::::∨
.              /::r::,:::iミ-‐i::::::::::::::::::',::::',:::::i
          - '-イ::::::::,-。/',::::::::::::::::::',::::',_::l
.               レi:::: ,‐- 、' ,:::::::::::::::::!:::i i::',
              lル,ィ乏i ゝ、:::::::::::i::::lノ:::',
                f f.rっ `   ヽ'i::リl::::l:::::::',
             __i ' j .lヽ ヽフ `'ノ,:::::!::::::::',
         , > ´//.l.   ! i > -イ ,::::::ト---'-、
      ,> ´/////// ,-l、   _j/,- [ニニ,':::::,'、///// ヽ、        じゃあこれ、軍大学の入学パンフレットだから
      ̄ ̄ ̄ ̄ ヽ/_rゝ_二ノヽ   ,:::::::i. )//////// `<___
             ,久`ゝ___ノi  ` 'ー !:::::::!'///// <‐‐-- ___ゝ   がんばんなさいね
         _ ./. . . .__/ミ,-、_    , 'ゝ::::`=- ´  `、:::ヽ
       ,-'´/. . . . , -‐フ-ゝ__ニニつ彡):::::::)//////',:::::'.,        「ファッ!?」
      f,. .´ . . . /. ./    y     i.}:::::/、//////i:::::::::',
      ,.'/ . . . . ,.'. . . /    ./       !ゞ'. ', i//// ,|::::::::::', 
.     i i. . . . . , . . . .i    ,       ,' . . . ',|//////',::::::::::;
.      l i. . . . . !. . . . .',     l     , '. . . . . i///////,::::::i::l
.     l i`ー┌イ', . . . . ゝ   !    ,. ' . . . . . . l///////',:::::!,'
.      i .ト- ' ;//ゝ . . . . >'-〉-. ´. . . . . . . /}////////',:::i
.     ヽ!  ,'/////`i.ー‐、__,ー-` ___ , <,'.i//////// j::j
         ,///////〉. . . ∧. . . . . . . . . //.|//////j‐ヘ
         ,'////// ,'. . . /  ', . . . . . . . .i// `~~ ´//∧
.       ,//////._,'. . . / .j ', . . . . . . . ヽ/ i. . . . . .!// ∧
      ///////,';;ゝ__/   _  ', . . . . . . ,__ヘ l. . . . . .l///.∧



416 : ◆O27xb/033o:2016/02/06(土) 17:07:08 ID:3AHN3w/E
>>415

415 :普通の名無しさん:2016/02/06(土) 17:05:42 ID:RZptnwDY
思いっきり、文官(組織内官僚養成課程)ですな
と、ゆーことは、武官と違って、軍人的な体力育成や戦闘訓練は無くとも
提出書類の作成形式とか、省令まで突っ込んだ法の実務とか
職責の権限の範囲とか・・・
主人公 法学部出身で無いから、素養となる学業修めてないやん



 法哲学とかはきついだろうが、ミッドの法は……なんか戦時法染みてそうだしなぁ
 どのみち法学部卒だとしても、1からやるのと変わらんと思う……


420 : ◆O27xb/033o:2016/02/06(土) 17:10:12 ID:3AHN3w/E




    書類仕事に法律と語学……あと魔女から仕込まれる科学の知識

    ぶっちゃけ後者は殆ど物になってないレベルだが、どうやらデスマーチに終わりは無いらしい

    それも、ギリギリ死なないで完走できる程度に調節されたデスマーチが。いっそ殺せと当人は叫びそうだ

    しかし、妹分からの賞賛は、素直に嬉しかったりする

    中学生になって大人びてきても、まだお兄ちゃんっ子でいてくれるのは兄冥利に尽きると言うべきか……

    血の繋がった兄の方は、妹が妹弟子になってしまって、嬉しいやらなにやら微妙そうではあったが



ト、 {`¬   ∨                              ` 、  ` 、
}  ヽ !    }/                               \   \
‐-  . }   /                         /`ヽ   ヽ   \   ヽ     ,
     `YT〔_ , ´                   ′ /   | ト、 !  !  ',  ¦   '
…‐-  .」 l  j    . -‐       /  {  ′  | || i  i   |   l i   |
__r,'ニア^T爪` /            , ' |   ∧ {    |/ T 7  i   |   l l   |
 {_, '   |   '  /      /  /  l,./-‐\    ノ'  ノイ  ,ハ |   l l    ハ
  -‐ァ¬| /  /  /   /  / /∨          ,ニ、}, / l  |   ' l   / i
__/   V  イ  /    /  / , '    .二、     '|{.lj/.'   l  |  / | /   ! /
      .ノヘ  l  /{   /  / /   ,ィf{’て..「`     jり' ′ ノ ノ,   ノイ    !′
        |/ }  /} ∨{    ,i{ |廴ソ_」       : : : {    /   /    ′
         jヘ ノイi ノ  |   ヘ ゞ'´. : :      :   }i       '    /    もうやる夫兄さんじゃなくて、三尉殿って呼ばなきゃねー
.            \ l/   |       . : : : :      ′ 八   /  /   '
              /「i i    |           、_-‐ァ  , '}  } -'-‐ ´//      「やめてくんないかなぁ……」
             {∧| l  ∧{_,、             / jレ'  --‐ ´/
           _,{__乂 {‐‐- 、`   .       /}}、       -‐ ´
.         ,ノ/    ヽ ̄`ヽ` ‐-   二二¨´_,ノ/ }
        / ,′        \ ̄` ‐----‐ァ'´  .′
       ,{ノ /           、 \    __,ノ} } /
      /  , '            .  }\    / ,' /
.      /  /            } ノ  丶. _  {/



425 : ◆O27xb/033o:2016/02/06(土) 17:15:40 ID:3AHN3w/E




    こっちはこっちで、SWカノンどころか非公式外伝にアニメまで制覇し尽くし……

    池波正太郎だけではなく、近代時代小説も有名所は読破したりと絶好調である

    が、どうやらガチでジェダイマスターになる心算らしく、本棚にちらほらと

    初等教育理論 みたいな本が並び始めた。それは本来君が適用されるべきものだぞ、という
     突っ込みはおいておくとしよう

    後、暇な時に電話をかけてくる病気は、未だに治っていないとか




                     /     ___
   r-‐…‐- ..     __ .. ... __(_(>-‐…´‐-/
    \ ..: ......ヾミッ≦       `^ ≦z ´__/
      `7ーッ、:..i....〉-‐ム          ___  `ヽ、 __
     / / >/ミx/  〃       ⌒ヾ  `丶=-‐ ´ ̄
      ,゙ / /.:イミ:.z_iヘイ i  l  ハ l l マ Yヘ:... \
    ,;″,' {...: |:........|ヾ | l| |l l | } l |  i  | 个トミ ハ
    i!,','   ハ.从:.. . .| 十tセj」Tト{ }ルtj」ッ}i | i从 ヾj!
    |!,'  / /:....Y^_| ィf圻弌ヾ ノチ圻刈「 | L.人
    |i  /'´:./:...从{.| 八弋zツ    ヒツ 从. ; 儿j \     兄さんが内勤じゃなかったら、転属して
    |l   .:/:. .//`ー|  「'""    ,  ""ムル. iメ!    )     部下になりたかったなぁ
    |l   :/:.....'/   |  ト、    ワ  イ i  i:. |
    |l .,:':....../i   r|  |__.≧: . _ .. イ ! |: . |:. |         「(一部の人が死ぬから)辞めた方が良いと思うなぁ……」
    |l  :....,'...| / |  |////入`ー十t、 |: . |:. |
    |l  ,' ./: ..|个ト、.!  !`マ//∧ ` ]| |、;..|:. |         うん、私も前線勤務がしたい訳じゃないから
    |l .゙ /:....∧ヽヾ.|  |  ヾ⌒〕   ]| | ヘi:. i
    |l ,' /:...,'.「   从 乂   >、|    ]| l:....l:. ;
    |l. /:....,'...|     )、 //芥、ニニ」 l:....|:. :
    |l,':... ,'.... |    \ ヽx ゙〈イ L、>.  从ノi: i
    |l:....,'.... . レ⌒    }    ,《  》, lMl   |: l
    |l:..,':..../:..}       リ:...   ,《   》,乂i   |:..l


426 :普通の名無しさん:2016/02/06(土) 17:17:02 ID:6GxJan2Y
ジェダイを使う上司とか怖すぎるwww


427 :普通の名無しさん:2016/02/06(土) 17:17:25 ID:uXDQTmwQ
アカン… シスの暗黒ロリがガチでジェダイ増やすつもりだ…


428 :普通の名無しさん:2016/02/06(土) 17:18:28 ID:ilVSCrg2
大丈夫?オーダー66発動しない?


429 :普通の名無しさん:2016/02/06(土) 17:18:57 ID:RZptnwDY
フェイトソンが、梅岩シリーズを愛読すれば
修羅場のあとには、ちゃんと有給をとって、温泉でリフレッシュすると
言う、幸福な習性を得ると思うぞ


430 :普通の名無しさん:2016/02/06(土) 17:19:02 ID:uXDQTmwQ
ファーストオーダー!


431 :普通の名無しさん:2016/02/06(土) 17:19:53 ID:waFxeZkk
いくら出世街道で賃金ガッポガッポとか言われても
ヨハネスブルグ駐在員になりたいかと問われれば絶対にノゥだろうに



432 : ◆O27xb/033o:2016/02/06(土) 17:20:39 ID:3AHN3w/E




     まだ25だから無茶は効く、まだ……体力がある内にデスマーチ攻勢が終わればいいのだが

     体力無くなってから無茶するとどうなるかは、どっかの中将が身を以て証明してくれているぞ!

     ハヤテリックだが……流石に陸セクションの人間は慣れてきても、親しい人間は作れていないようだ

     そりゃそうだ、世界滅ぼせる人型ロストロギアとか普通に怖い

     曲がり角でエンカウントしたら、リアリティショックを起こして失禁しかねないぞ

     かくいう事情もあり、ハヤテリックの話し相手は専ら青年と中将に配下しかしない状況に変化は無い……



             ,. :´: : : : :': : : : : : : : : : \: 、
           / : : : : : : : : : : : -- 、: : : : |ト、\
          /: : : : : : : : : : : : : : 、: : \ニ_||ニ:、: ヽ
         ': :,: : : : : : : : : : :\: : :\//\||: : ヽ: : .
         /: :/: : : /: :|: : : : 、: :ヽ、__|_\/⌒、 : : Ⅵ:l
        .': : ': : l: :|: : |: : |: : :\: ´: ハ: `ヽ:.、: :∨、: Ⅵ
        |: : |: : |: :|: :ムイ {: : : :ヽ: :| |: :|从:l\: :,:\: :',
        |: : |: : l: :ィ': :|: : |∧: : : : Yテ震≧、|: ∧:∨:ヽ: :.
        |: : |: : : : |: :,ィ≦雫\}、: | 比::刈ノ}: :|∧:| : ∧:|      あんま無理せんでなー、三尉殿
        |: : ∨:|: : V{ 比::刈   V ヒこソ/イ:.|_ノ:リ: :,:| リ
        ,: : :Ⅵ: : 从 マzソ   ,        |: |:|: |: :/:|       てけとーな所でおやつ食べよーや
         ,: : :∧:、: :.:>        _     ム:|:|: |:イ从
         ∨: |: :\:,ィァ、    V  ノ  イ : l/:|: リ /        後でマッサージしたろか?
          、:.| : / ノ:个     ____/ |:/'-く:/
          :,:∨ /: : : |: : :|:_ : |       |'   `ー- 、
            ∨ ハァ从/´ / {      |`Y     }
              /{ '⌒-Y {  イ::: |_    _/::∧    /⌒ヽ、
          {〈  ´ ⌒}  ∧:: \`ー' /:::/::!∨   ,  /..ハ
           /⌒∧  イノ /:| \:::}  /:/ |:| }  / /、......|..|
        {...../..∧  「 l {|::|  V⌒V  _,|:|_∧ '/..|....|__,.ィ
         `¨Tヽ_..}  V∨ィ∧ー...〉-〈...´./∧...}/..|_...!イ/ |
              |  八「  ∧.....{:::::::}...//  Ⅵ...V....{.../   ;
          |  |  {....|   ∧...|::::::|.//   }..∨......V   :
              ,   ....|   マ:∨::::::∨   |../............:.  |
            | ,′   l..|   Ⅵ::::::::: |    |'............... |


435 : ◆O27xb/033o:2016/02/06(土) 17:24:34 ID:3AHN3w/E



    が、一番状況が変わったのは……この魔女と半同棲状態にあることだろうか

    別に意味深な関係ではない

    単純に青年が士官学校などで忙しいため、ハヤテリックの隔離セクションから家に帰りづらくなり…………

    結果的に生活がしやすいってことで、この魔女が社宅もとい無駄に拾い管理局内の自宅スペースに
     間借りさせてやることで、通勤時間やらを軽減してやっていたのだ

    無論、きちんと家に帰って休みを取ることもある。祖母が心配だし、妹分から叱られたり泣かれたくは無いからね


.                -=、‐-...、
.                     _ヽ:::::::`:..、  ___
                   ,..::':::::`ー::::::::::`´:::::::::::::::`:::::...、
               ,...:´:::::::::__:::::::::::::/`ヽ_/\::_:::::::::::::`::.、
           -==‐‐::´:::::::::::::::/:::`::::::::::′:::::::::::::`' ヽ:::::__:::::::.,
             ̄フ:::::,:::::::,'::::::::::i::r、:,、::::::::::::::::::::::::',:::::::i::::::::i
             /::/::::::/::::::::::::l::!`ー'}::i:::::::::::::::::::',::',:::::l::::::::|
.            /:,' /:::ィ:::l:::i:::, --‐‐‐' i::l:::::::::::::::::::::',::',:::!:::::::i     ……だるいわね
.            !/ ,':::/i::::!:ハ::::::iイ赱=、.lハ::::::::::::::::::::::',::',:i)::::::|
.              i::,' .l::::i/:::i::::|.  ̄  j ゝ::::::::::::::::::::}::リ::::::::l     まだ4時か……早く目が覚めすぎるのが辛いわ
.              ',i .i::::::i::::ゝ:!、    ´  ヽ:::::::::::::リ::i:::::::::::!
                ',::::|::::i:::`i:\   _     \::::::i::::l:::::::::: l
                ゝiゝ|::::::',:::へ'   ̄` .ィ´iヽノ:::|::::::::::::|
                __ノ:::::::::',::::::',::::::::i`ー ´   |::::::::i::::::::::::::!
             ,'///`ー‐-',::::::'.,-‐′     .i::::::::l::::::::::::::i
             ,'//// ヽ/∧',:::::::':.,‐‐---,  __|::::::::',ー、------、
.            ///////∧ ∧',::::::::ヽ.    ´ .ゝ:::::::',  !///// i
            ,//////// i/.∧ゝ::::::::\      ',:::::::':., l///// |
           /,//////// |/,//`ヽヽ:::::::ヽ ヽ  i ヽ::::::::',!/////.i、
.          /::::;/////////.i/ ////\)::::::::}   ヽ.!  ヽ::::::ヽ/ヽ//j:∨
        ,.:'::::::i///////// , ////// ノ::::::::i     ,!     ヽ:::::ヽ/ヽ':::::',
.       /::::::::::ゝ、///////.i //////,'::::::::::リ、    ',    〉:::::::)//',:::::,
       ,:'::::::::::::::::::::`ーニニニニl /////,'::::::::::::{ ∧.   ,   ,'/}::::::i//∧:::,
.       ,::::::::::::::::::::::::::ノ///. ', //// {::::::::::::i///ヽ.  i  ///i::::::|///. i:::,
       ,:::::::::::::::::::::::::::',//////', ////ゝ__:::::::ヽ///∧.l , '///|::::リ////l::::;
      ,::::::::::::::::::::::::::::::',//////ゝ ///// ヽ:::::::',///∧ノ////.!::/ ///.ノ::::i
       !::::::::::::::::::::::::::::::::',/////// ` ‐- _ヽ::::j-‐‐‐‐‐ 、 ______, ':::::::リ
.      i:::::::::::::::::::::::::::::::::::',///////////////.iノ//////////////', ̄):::,'
       l::::::::::::::::::::::::::::::::::::',//////////////////////////////∧´ }::;



441 : ◆O27xb/033o:2016/02/06(土) 17:31:33 ID:3AHN3w/E




    お前本当に還暦かよ……と今まで以上に目に毒な生活をおくりながら時間は流れ……

    青年が士官学校を卒業して半年、ついに魔導強化外骨格の先行量産型第一号がロールアウトされた

    二機の魔導発動中枢と一機の魔導炉、そしてカードリッジ弾頭により魔力を節約するサポートデバイスを
     装備した、魔導鍛造装甲をもつ強化服……

    非魔道師を高度に魔法戦力化する装備の登場により、陸士隊は大いに沸いた

    「やった! 障壁が抜けなくて泣かなくてよくなるぞ! はよ、配備はよ!」 との大喝采だったとか

    まぁ、Ⅰ型ドローンに蹴散らされる戦力だったらしいので、その喜びっぷりも分からんでもないのだが



                                     __
                                    /:::::`ヽ
                                   .′::::::::::::ハ
                                   r::o ̄o:ヽ}
                                  ∧_,ィヽ._j/∨
                                 _f iヽ{n}:_}∠_}_
                               -‐/:::| 廴::く:ー-/:/´::/ ̄く>‐. 、
                            /::::::::::厂:Lニ〔`ー}ニ<::∧:::::::::::::::::::\
                           く:::::::::::::::{:´=ミ::::: ̄´r==:::::}::}::::::::::::::::::::::::\
                           /::⌒X/|::=ミ:::::::::::::::r==::::|:::ヽ:/\:::::::::::::::>
                          .//::::ノ   \::::/ ̄:\::::x:<:: | {   \:::/
                         厶、/|   ./_`i::::::::::::: ヽ_/{_::|∧    {´
                            ,」__/./::、_|::::::::::::::::}___/:ノ ∧   .ノ
                           /::::::: / 〈::::::∧::::::::::::/:::::::>:{   }_r::::::ハ
                           .'::::::: /\_\:::∧:::::::/::f:て {::::〉  |弋:::::::|
                           i :::::/   | /E{ー--一く::::::厂::ハ  l. |::::: }
                           | ::/   〈}   |::::::::::::::::::::}:/::::::::::|  | |:::::/
                           }:/   /   |:::::::::::::::/〈::::::::::::|  | l::/
                          {::/   /    .|::::::::::::/   .∨:::::::| 介、;ハ
                         //   /:i    ー一く    ∨::: |(rz 〈::ノ
                        .//、  //:|       ハ \   ∨::| `⌒
                        { | >介xミx、     | }      ヽ}
                        ,ソ' 〉/   }=}    | i        }、
                        /' 〉/    f彡_    } ハ     /::::}


443 : ◆O27xb/033o:2016/02/06(土) 17:36:16 ID:3AHN3w/E





    外観が誇る威圧感の大きさから、犯罪抑止効果も抜群だろう

    こんなんが辻にぬーんと立っていたら、一体どうして色々やらかせるだろう

    普通に夜道で遭遇したら、卒倒しそうな威圧感があるのだ……実戦で活躍しはじめたら、
     首都なのに何故か大量にいる犯罪者も大人しくなるだろう
 
    まぁ、配備するには資料分室で実証試験が済んでからだから、まだまだ時間がかかるだろうが




                               _...-―- 、      n
                                  /       ヽ、     ||
                              /            }    ||
                                /_ ===== ._ |     ||
                             //(◯`f_f´◯) 7ヽ」    {_〕
                           / /-<>'⌒く>ァ-、|∧    ||
                           ヽ fヽ }-/_ム-' / }}]∧    ||_,ィヽ
                           γ}ヽく《〉‐-〈_》- ー'/-={  /´/、 _|- .._
                           _ -‐ァァくヽママム-=〉ニ〈=/-=≧=‐7   `ー'   `ヽ、__
                    /  〃ニ≧、 \=/ミx/ヽ≧=‐=ニミ|           _ -=¬く
              n_         /     {{ニ[コ]≧≦≧f´/≦[コ]r¬ュミ|       _ -、 \_/
               ///     /  _ - ア´ =- _ヾイrz_ `-=ニ =≦ニ>ミ|>_ - ¨\\\ _/
   __   _///      7ヽ」二/     〃 /      _ _ - ¨      ,ィ 、\\\
 〃⌒ヾヽ`ヽs。]7//      / /.ニl ,、 , 、  {{. {     _ - _ \        《f狼ム \\\
 {{::::::::::刈 } } 三≧s。_    -ムイ二二l{// /   |  |    rヽ二二=\\     \」_》  \〉/
  ゞ=彡' '_ノ三三三三≧s/  /二二ニ\ ' _ ャァ ァャx、   マム二=/ニ\\          //
    ` ¨ 、-=≡ =-ク 三三≧s。/二ニ7ァ」ニ/ |。| ̄|。| ム- _マr≦三ミx \\       //
       `ーr、‐ ´  <三三三三}}7/三=ュ |。|  |。|   ム _∠ア´三ミx マム \\    /, ' ′
       〃タニ=、‐-E}ヌ /Z∧<三///fニ8マ `' └'   〉'´‐- ̄_ ‐ _ マムムV \\  , ′
       {{ {{ 〃 }ニ=7`l三二ニ=- ̄_ヽ/ニ8 マ      f(_) ‐- _ ‐- _マムリ」j/// , ′
       `¨ -' - '__,ノ三三三三三二ニ=- ≧_    /三/ 〉(_)_(_)_(_)_/ミ// .//, ′
                ̄  r-=ニ二三三三三三三.7三/ /三/三 「三}ノ´  〈_, ′
                  ヾミア三8}| l丁⊂ニ⊃/三/ /三/, 三/.三}`l
                  _/_ / 二8ニ| └―‐---{㍉/ー{㍉//㍉/㍉/ /-、
               /=- _/ _8三マ。__   。 lミ/\lミ/{ミ/ミ./‐-r ´|



448 : ◆O27xb/033o:2016/02/06(土) 17:39:35 ID:3AHN3w/E




     因みに、発案者がいるんだからお前ん所でやれや、と言われ……

     仕事は青年の部署でやることとなり、人員もこっちの所属だ

     仕事量が増えても、そこの管理は流石に魔女がやってくれたので安心だな

     まぁ、実証試験部隊の指揮を執らされているので、負担が増えないとはいっていないのだが

     後方指揮をやりながら書類仕事を片付けて、上に試験結果レポートを上申……

     これでもまだ、士官学校デスマーチより楽な気がするのは、多分当人が慣れてきただけだ



                      /                 ヽ
                       /                   '
                      , ,                 ',
                 i ゝ ̄ ''ー-                !
                  {   {__  ヽ  J           }       ま、アレに乗れって言われるような
                     ',   マj  ̄ノ           /        無茶がなくてよかった……
                  ゝ  `   ´           ∠ _
                  { i                ,ィ´::::::::::::::`ヽ
                    ゞ.、 _   ノ       ィ/:::::::::::::::::::::::::::\
                        `ヽ  ̄     ,.ィ≦/::::::::::::::::::::::::::::::::::::\
                      ` ー-  イ:::::::::::,{:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::\
                             }:::::::::::, ト、:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::.,
                             j:,ィ彡:::::::::ヾ:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::',
                              /:::::::::::::::::::::::::\:::,ィ":::::::::::::::::::::::,.ィ≦`ヽ
                          {:::::::::::::::::::::::::,.::ィ:´::::::::::::::::::::::::,.イ /   ハ
                             !::::::::::::::,.:ィ.:´::::::::::::::::::::::::::::/ /´      i
                            |:::::,.ィ.:´:::::::::::::::::::::::::::::::::::/  /        |
                           |:::{::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::|  |          |
                               }:ィ!:::::::::::::::::::::::::::::::::::::/:|  |          |
                             !ハ::::::::::::::::::::::::::::::,.ィ´:::::!  |          |
                             /  ゝ.::::::::::::::::::::,.ィ´:::::::::::|  |          !
          _                   {     ヽ:::::::,.ィ´::::::::::::::::::|  |          |
         ,.ィ:::::::::>..               ! {     `フ´::::::::::::::::::::::::!  !          |
       /:::::::::::::::::::::::`''ー-- ==..,, _,.rー'| i {  {. i'::::::::::::::::::::::::::::::!  !          |



453 : ◆O27xb/033o:2016/02/06(土) 17:43:51 ID:3AHN3w/E



    着るだけで陸戦BランクからAランクになれる戦力という触れ込みは、あっと言う間に広がって噂になるが……

    海の反応は実に冷ややかであった

    何でかって? 海の武装局員は下限がBランク、指揮官にはAランクが最低条件という厳選っぷりだ

    しかも空戦でである……今更陸戦Bランク程度の局員が欲しいかと言われれば、正直微妙なのだ

    なんせ未だに空戦B以上の人員は絞っているんだから、ぶっちゃけ無くて良いのである

    そりゃパンターV号戦車が十分あるのに日本の三号戦車を欲しがる理屈もないわな



               ,::::': ̄::ヽ
                 |:::::::::::::::::{
              _ノ_::::::ニ:::::::)     __
             ノアr= !!(うr(ツL __//う
            / {ニii(ニ)iiコニ==≠''-<
            `Y ヽ/  ハ:::∨  (_)了
             /ミ / 三弐/:::::∨   ∨
             ヽ=-=少´ ∧:::::::::\___\
            .r/{_}r==マ /_ノ:::::::::ノ=/7乏
              /∧ }.{不 jー':::::::::j弌へ //_  7
          /∧/:|:フー':::::::::::::::::rn くj//  \/
.          ///u爪ノ弋=―=シ::j⌒! //  \/
        y.之∧:::::::| 乂 〉::::::l :|.// >+く /
        //イ.∧:::::::::!  /:::::::::{少レ込  /
.       / L/..j/ヽ」::::|ミ=!:::::::::::::7‐八 \/
      ///. ,'  /ーァ! |'⌒ヾY⌒ヽ:テー'
       /ツ   j__/ !:::::乃‐'   ∨   ∨!
.    .r//   /゚ヽ.ノ::/      ∨  ‐i!、
     ̄   ..> _ノ`l        (   (
         |ノ\::j         ヾ'::::::ト
            i|  /j           ゞ≠'∧
            l|  //_           ∨ / ∧
            j! ./7イ           ∨ / ∧
        _r/ と うケ            \  ∧
     (__乏___オ'                ∨  j
                              } イハ
                              ト'⌒ヽ
                           弋_ニ_)


457 : ◆O27xb/033o:2016/02/06(土) 17:49:14 ID:3AHN3w/E





    別に全ての人員を召し上げている訳では無かろうが、人的資源が多ければ代替兵器が要らないのは当たり前の話……

    それでも陸士隊から選抜した、試験着装者達の出す試験結果は上々であったので、陸からすれば
     何の文句も無い。こっちは使えるものが使えるだけ欲しい状況なのだから
    
    元ネタとなったギアと違い、潜水夫染みた視界の悪さも、魔法由来技術によりカバーされているのだから
     噴出する不満も少なかった

    それでも、やはり視界は狭まるし、着心地もお世辞に良いとは言い難く、長時間の作戦行動は難しいという
     評価は如何ともし難かったが……

    全てが完璧な兵器なんてないのだし、シカタナイネと言って諦めよう




      /    /  ,/  ∨   ヽ丶::::: Y )
     ノ   /  .// , ./ハ∧_.|._、     ヘ:::  ハソ
     |  /!  i/   iリ人。o 。i ハ  i 、 \ |::::|
.     ヽ i .i   |  i |i.|>≧  ノ i .| i  ヽ  ヽ:::|        ……少し物足りないけど、贅沢言ったらキリが無いわね
      \i i リ .|.  ソiヤ{tfソ}ヾ/!::::i / i   | 、|::|
        ヽ、|ヘ .|/:Ⅳ`'~  |/::/ノ| i.  ノ ノ.|::|        コスト費と勘案したら、こんなもんでしょ
           `丿i  :ゝ. 、  :::|ハノ ノ .ノ /:ソ::|  ___
 _,,,===--―='"/ ...::::ヽ ー, .::,,=-┘"''ー、/:::| ̄  :::::::::::.`  海に売りつけられたら、パテント料でもう少しは
/        ./ ....::::::::::::, ヘ"´::::::::|_ _ _.〈::ヽ::::::|   :::::::::::.:::.|   贅沢できたかもしれないけど……要らないなら仕方ないわね
:::::::::::::::::\  〈 i .ヽ.:::::_::/.ノ   .ヽ 、yヘ  .ヘ::ヘ:::::|、  :::::::::::::/
\::::::::::: , ヘ  .| `、 ヘ,´ |/ 、rー-/.  〉\.  \!:::| 〉、 ::::::::::::/
、:::\//  _ソ :::::ヽ ( 〈 〈ハλソ   ζソ .\  |/ソ/ :::::::::::::i
 //、::ノ´   :::::::i ) \ゝ  ノ  ∧:ノ .\/ヘ::::::::::::::::::::i
// , ヽi::.  ...::::::::::iノ  、  ,    / i:::::....   丶::::::::::::::::\



459 : ◆O27xb/033o:2016/02/06(土) 17:54:33 ID:3AHN3w/E





    忙しさになれきって、平均睡眠時間4時間でつかれなくなるってのもなんだかなぁ……

    という生活を送ってきた青年

    ロールアウトから一月ほどしたある日、魔女から呼びつけられる

    何だ、また論文という体の感想文の出来が気にくわなかったのかと思いながら、彼女の私室に行くと……




                   _,,..-―‐-..,,_
             ,,-''"       `ヽ、
           /              l| \
             /            U  .ヽ
             ,'           l        ヽ       えーと昨日の試験評価と、着装者からの意見フィードバック
          l ____l  ヽ-―‐tイ''"´  ',‐-、      陳述書がこっちで
       ,-''"|       `′        `′ .〃 .lヽ .'.,
       | l'´.',  ≡≡/       ヽ≡≡彡 ,'  ヽヽ_     整備分隊からの簡略化プランが……
       / |  .'.,    (    .,、   )     /  ./  ヽ、
       / \  ヽ、   ` ̄ ´ `  ̄´   / /  _,,..-'     「あー、若いの、ちょっと良いかしら」
        {   `''-‐"ヽ-..,,__      __./ ̄ ̄´ .,,..イ ∨
      /.T ‐-..__    _.ヽ ̄ ̄ ̄/,..-――‐'" /  ∨      はい? ちょっと待って貰って良いっすか?
    r┘ ',.    ̄ ̄  〈 ̄\ ./イ´       / /  ∨
    | ヽ-、',       /      .ヽ      //   ∨     「直ぐに来なさい」
   ./  ヽヽ .',      ロ       `ロ ヽ、 /      .∨
   /   、__ ', _/                \|    L__ ∨     …………うっす



461 : ◆O27xb/033o:2016/02/06(土) 17:55:43 ID:3AHN3w/E





       唐突に 遺書 と書かれた封書を押しつけられた…………







                              ,..-‐…‐- .._    __
                        . .:´:.:.:/^ヽ: .: .:. :.:.ミー'´.: :.ミ:.、
                           /.: .:∧/.: .:. :.)ヘ.:. .: : : .:. :‐-=ミ:.、
                         /.: .. .:/ .:.`.:. .:. .:. .:. :.\ヘ:.:Vヽ.: :\
                         .:.:i:.:.:.7. .:. .: .: . :. .. . . .. .:ヽ:.丶v.:.\.:..\
                     ;:.i:.:.7. .:.':./∧:. :. .. . . .. . :ハ.:.:|: :. :.vへ:.:\
                     |:. i:.7. .:.:i∧i「^V、.. .. .. . . .:.:i:.:|:. :. :.ト、 `¨~`
                     |:.:И..j.:..i|‐-|i--vヘ : : : :. :.:.:.|:.:|::. :. :| !i
                     |:.:.レ:.:.|¬─jj‐--vヘ :. :. : .:i:.|:.:|::i::;:.:| !i
                     |:.:从:.::.::代旡Z``\\.:.i:.:i:.|:.:|::i:.i:.:j jj
                     |:.:.{ vヘ:.i i      | \`j:.:i:.j:.:|::レレ゙
                     |:.:人从:.:\     j〉  )jレレ':.:.l:::.:|  _,,...-‐=ニ二Ξ二ニ==‐-  ..,,_
                     |:.:.:.:./´⌒>‐、  _ _//,ムl::.:l:i斗<                    ____`ヽ、
             _,,...-‐=ニ二Ξ>'´  /   i 〉 `¨´ ´ ,イ 1::.l.:|         _三Ξニ=-‐   ´
 _,,...-‐=ニ二Ξ ̄         /く    /  ,ィ==j> .. イ ト、|;:.:i:.l          /
‘──────────<>、/i:》 》, 厶イ r‐’ノ竺竺竺竺! |i:.:;:.:l      /_
                んZi:i:i:i》 》////.:.:丁__`¨¨¨¨¨¨´| l:i:.:.从    /'///ミ>、
                  / 〕i:i:i:/ /.:j///.:.:.:/\ `¨¨ヽ、 ,ノ|:.i :.:.:.:.\/////////∧       んじゃ、これ預かっておきなさい
                   |  ]i:i:/ /.:i7'// .:.:/>.、\      乂:.:.:.:.:.:.:.:.≧=‐-ミ,'///ハ
                   |  ]レ゙ ,イ.: .i|//:.:.:/     >.、_,r───┬=≦-=ミ:.:‐-:.`Y///ハ
              f⌒~/レ゙. : : :i|/:.:.:んニ=孑'⌒^ア`ー‐┬‐‐' ̄ ̄ ̄|: :`Y:.:.:.:|,'///ハ
                i| '/: : : : : : :.i| i:.:.|////7: : : /      :.         |: : :.|:.i:.:.i|/////ト、
                iL/: : : : : : : .:i乂.:ij'///7.: : :/      :.       |: : :.|:.i:.:jj/i///,j/ヘ、
                _j7: : : : : : : : .:i:i:i:i:)'///7: : :《          :.       i: : :.乂レ゙i/i///j//∧
              ィ⌒!: : : : : : : :.:i:i:i:i://///i: : : : \       ,へ    /: : : : ム'/i/i///j////!
               い__{: : : : : : :.:i:i:i:i:i厶////|: : : : : : \ ____人人__/.: : : ;イ///i/i//,'j'////!
              Z⌒ニ八: : : : : .:i:i:i/ \゙///|: : : : : : : : : : : ;イY∀Y≧=‐=≦'/////i/i///j////!
      | ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄|\ /|///|≧=‐-,-‐=≦: : :.:∧:. : : : : : : : |,'////i/i//」L」L」L、
      |┌────────┐l  l |///|'//; ; : : : __r‐……‐---┐____ 」L⊥L」/i⌒ヽ   vヘ           御夕飯の時間なので、ここまで













カテゴリ・他、短編など【エロゾンビ氏・魔法少女サブカルなのは】

  ←前
スポンサーサイト

テーマ : やる夫系まとめ
ジャンル : サブカル

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

FC2USER586980IVF

Author:FC2USER586980IVF
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。