スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

魔導砲兵サブカルなのはBP5

108 : ◆O27xb/033o:2016/02/04(木) 22:20:32 ID:uaFvBLeM
ふぅ、寝る前に息抜きするか……
何で早番なのに予備選力として抽出されねばならぬのだ……

東部方面軍じゃあるまいし……


111 : ◆O27xb/033o:2016/02/04(木) 22:23:43 ID:uaFvBLeM





                     サブカルなのはBP







                ト、       /  ,ィア
                |入> 、   /i / / , <二ニ=-
          _,,, --―-、|  ヽ   >、i .レ'  ム'  /-‐____
            ` <  |  シヽ    `        '< ̄    >‐''' ̄
    、 _   , -―=` | ヤ 、',             >二____,
    ` <          .l ヲ/           ̄>- 、      /
       ` -ァ‐'''  -=ニヘ/                 ミ >-<_
     , <, -     / /              、-‐< ̄ ̄ ̄フく___,
    / イ"      ム /   /〉          ミ  べ    /    /
__, </  ,      /.|.  〈/            ヾ ミ  /> '
/  / ,イ         'イ/べ,  、             \ /  二ニ=-‐'
  /// /       /i /   ` =ァ- 、__        ト`   ヽ、
 /" / /       il /       `ー"’        iヾ    ヾ 、ヽ
   / /           /               、   i   ト、 ヽ` \       ←たまに元の姿に戻ると結構驚かれる人
  / / /       ,イ ̄`;、 、           ド`     i ヾ、 ',
. /,イ /        ヾ、_;;ノ    _ -、-イ    ヘ`  ヽ、  トヽ`, i
/".| ,イ         に 、, -‐'''' ̄ , l ./  ノ i   、  ト ヾ、 .| `、,.|
  l./ | /         `ー-‐i " ̄  .レ'     , |ヾ、ヾ、ヾ ヽ|
  |' レ'|             レヘ|`ヽ、 |ヘ、  |ヽ|      トi
  |   |                     ヽ ヽ ヽ、|      ト、l
      |                  ヾ、  `     ト i ヽヽ
     |                             |l lヽ ` \
    ||                            | l|  \  `
.      | |ヽ                        /| | i   \


113 : ◆O27xb/033o:2016/02/04(木) 22:26:04 ID:uaFvBLeM






      制御棒壊れる……この事態に管理局の一部では激震が走った

      え、脆い……脆くない? という謎の反応である

      まー良くも悪くもミッドは人魔蠢く人外魔境であり、エースの人間離れした体力とスペックの
       高さが周知されている

      正しく魔物というもので、明らかに人間に準じたスペックではないのだ

      そして、この青年もまた、対外的には人外と取られていた。だって、あの3人と関わりがあり、
       しかも二人には下にも置かぬという風に慕われているのだ

      人外の師は、どれほどの人外なのかと思われても仕方有るまい




                         -─‐──‐-、
                      /             \
                     / ;            ヽ
                    l  U                l
                    |     , 、     ;    |⌒´⌒`ヽ、
                    !、  _ノ" "ヽ、__  ∪        \
                     ヽ ((●)  (●) )::  /⌒゛`       l:
                      /ヽ~゜(__人___)~__ ,ノ|     ,     |
                      /   /` ⌒ ´    |     |    ,   !
                     /   /    | `ー-,,,|"   |___,ノ   |
                    /   /     |    |    |     ,lー─- 、
                 , --‐-ー、_/      l     ,|    |   ,/  )   )
                く / / ァ- ,ノ      \ノ^ノ^/⌒ヽ.j\  /^ー-‐'
                 `ー' ー´ ̄       (_イ_,イ、_,ィ'´__/   ̄


118 : ◆O27xb/033o:2016/02/04(木) 22:32:37 ID:uaFvBLeM






      その上、結構ハードに組んだ、間に合わせの曹候補教育をクリアしたのもアレだった

      アレがいけたなら、これくらいイケるだろうとハードルを高くしていくのが軍隊スタイル

      何というか、それがデフォになっている管理局もどうかと思うが……

      まぁ、子供が無理を押して出撃することを止めない組織だ、おかしくは無いよね

      そして、課題は全部片付けないと気が済まない性分が祟って、青年はぶっ倒れた

      単なる過労と睡眠不足であるのだが、体力溢れる20代前半でやらかすのだ

      正直洒落になっていなかった



                                 ____
                               . '"   U    `丶、
                                  /  \         \
                               /     `¨″  `'ー'" ̄`
                                 {  三三       三三   }
                            '.                 J /
                             \ u  ゙'ー'^'ー'゙     /
                              `¨7    ̄       ‘,
                               /          ‘,



123 : ◆O27xb/033o:2016/02/04(木) 22:39:02 ID:uaFvBLeM




      それでもミッド脅威の医療技術だ。ただの過労なら直ぐ治る

      三日間の入院の後、面会も許可されて人と対面し、青年は色々叱られた

      祖母からは言うまでも無く

      思いを寄せる太もももまぶしい彼女から、心配させんなよ旦那、とデコピンを頂戴した

      外に出られないハヤテリックの代わりに、ドワーフっぽいのがお見舞いも持ってきてくれる

      色々と心配かけたなーと痛感する青年だが




              ! :l                         i  '.  :.         |
              ! :l                         i  ′        !
              ! :l                     i  :        ,      `ヽ
              ! :l                      i             .′        }
              ! :l                      i         j
              ! :l                      i  ',       (__)         /       _ _ .- 、
              ! :l                     i  :       `-t     /  -‐… ¨ ̄/ / }
              ! :l                       i  :      ,:-‐'_´ ̄¨~゙}-‐''゙´⌒ヽ.  / / /
              ! :l                     i     . : ´/, '   ̄¨ y′  .: :./ /  / /
             ,ィ-‐…━─    ..,,_                i _,ィ…y'´  //      , '  . : : ,. '/  / /
           /               ̄ ̄ ̄ ̄`,r'"~丶、/,'/¨⌒¨`Yッ /   /  . : : //  / / ̄
    r‐‐- -‐,/                 . . . : : : : : : : : : : : :.ヾゞ _  / /    ,.'   .: //  / /
,r'"~¨7    /  r:================================:ュ : :` `丶iヾ/   ,. '   //  / /
;{,./´        !l       . . . . . : : : : : : : : : : : : : : ァ=丶!l‐…{ ̄"´¨ 、 , : ´ .: : ,' /  / /
''゙:     . : : : : : : |t:===============================::tl´⌒丶'⌒^¨¨`丶、. : :,'/  / /
ヾ   . : : : : : : : .|lヽ、 : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : :!| . . : : .`丶       , '   / /  i
 ヽ  . : : : : : :.'^"|l \: : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : _: : :.!|-‐、   . : : : : : : :.:.} / /__⊥____
  }: : : : : : : /  !l  `丶、_,.....,___ : :_ : _.-‐´¨''゙´!|   `ー-‐…-―‐''゙´‐' / ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
― `ヽ、: :_:, '‐―‐ |l ―――──────────‐――‐!l――――――――‐'―――――――――――
    ゙´        !l     rニ`…‐-ー‐一-‐…ニ、      ||
             ||     ヾi t…‐-ー‐一-‐…i/       !l
             ||      | l            ||       ||


126 : ◆O27xb/033o:2016/02/04(木) 22:42:09 ID:uaFvBLeM






           まーだメインイベントが二つほど残っているのを忘れちゃいかんのだ








                                         _
                                       /:./ ̄ヽ
                                  ____/:.:∠__
                               ,. '´:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.<`ヽ
                         ,. .----<:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:_,. ---=ミ、
                        /:.:>‐ァ.只く:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.只-―- 、\
                       /:./  く__/:::ハ:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:L|__〉:.:ヽヽNヽ\
                     . /:./     「:´:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:}_:.:.|:.|} }  :i:.:.!
                     |:.|      八:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:./ .}:.|:.|j/   |:.:|
                     |:.|      {_ヽ:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:/イ:/j/   !:.:|
                     八八      |:.\:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.,.イ:./j/    /:./
                       \\     ヽ:.:.{\:.:.:.:.:.:.:.:./ j/      //
                        \_>    >< ̄ ̄_><    <_/
                             ,. < `ー-      `  、
                           ∠ _\             / /ヽ
                           |   .V∧       i :/ /  |
                           |     V∧ヽ     :| / /   :|
                           |     V∧__〉   j/ /     |
                           |     V::::`――┘〈|    |
                           |     「 ̄ ̄ ̄ ̄ .!     |
                     .        !     V ̄ ̄ ̄ ̄ !     |
                           :.      V::::::::::::::::::/      |
                            :.       :.  ̄ ̄ /       ′
                            、     :.    /       /
                     .         、      :.   ./       /
                             ∧     V /       /


128 :普通の名無しさん:2016/02/04(木) 22:44:38 ID:v69HK8n.
あっ


129 :普通の名無しさん:2016/02/04(木) 22:44:54 ID:zdu7RGi.
まずはこっちからか……



132 : ◆O27xb/033o:2016/02/04(木) 22:48:02 ID:uaFvBLeM





     最初、砲兵は笑顔であった

     無事を言祝ぎながら、実家からの見舞いだと沢山の菓子を取り出す

     そして、どうして過労で倒れたのかを問いただした後……

     砲兵はキレた。そう、青年が限界が来たらキレるのを、この砲兵はラーニングしていたのだ

     同じように、そりゃあもうキレにキレた



                    ____
                      ̄⌒ヽ: :ヽ
                 ー==ニ二ヽ}: /  ___
                イ ̄: : : : : : : ミ: : : ´: : : : : : : :` .
               //./ ̄ ̄: : : : : : : : : : : : : : : : : : \
                /_./: : : : : : : : :/: : : : : : : : : : : : : : : : ヽ
             /.:/: : : : :/: : : /: :/!: i: : i: : : :ヽ: : : : : : :ハ
                /: : ;i: : /: :/: : :i⌒i: :/  |: i: : |´`ヽ: :':,: : : : :ャテェー 、
            /: : /.| : i: : :!: i:.;ハ:/!:/   .!: iヽ:':,: : : : ', ',: : ーi_i__{:_: : ヽ
            .i: : / |: :ハ: :ハ:〃⌒`i{   |/ ⌒`V、 : i:リ: : -‐7 i ヽ: : ヽ
            .|: /!  V .V从 んハ       ん,ハVヾノi: : :/: ̄i¨´ \: ',
              !/: !    /: :!戈zノ     {-vv-i 〉:}! |: : : : : : /    '; :i
             |: : ',    il: :{ ""      夊zン/: : : |⌒ヽ:/     /: ;
           ヽ : \  .i!|: :ト    ___   "".′ イ:i: : :) }     /: /
             ヾー`  Ⅴ  \  V::::::ノ     .!: /_,リー‐ '  、ー=: : : /
                      ≧ーェェァ ≦-i:/:::/      ̄ ̄
                       _ri!¨}__:::::::::::::::://ヽ
                     イ | i!_.!=ヾ><  /ヽ
                       , .i .|/テ\ヾ   / ⌒ i
                    , i' {{ノハ{)}.\ /    ./
                    _i |  7i! i!´ {:::::/    /
                     i  |--' | i.| |  /    /i
                     |   ̄T' .l !二/     /l´
                     |     | i  /    /_.{



134 :普通の名無しさん:2016/02/04(木) 22:48:45 ID:xdwW75RM
コワイ!


135 :普通の名無しさん:2016/02/04(木) 22:49:11 ID:v69HK8n.
やめて!レールガンはやめて!!


136 :普通の名無しさん:2016/02/04(木) 22:51:09 ID:fFMFQSTA
上官からの命令だから仕方ない。ここは軍隊なんだし……え?違う?



137 : ◆O27xb/033o:2016/02/04(木) 22:52:37 ID:uaFvBLeM




      どれくらいキレたかっていえば、アースラCICでアラウンド還暦と罵倒し合った時と同じくらいのキレっぷりである

      普段自分に無茶するなと言ったり、ハヤテリック誕生戦の時の説教は何だと

      痛いところこれでもかと小突きまくり、ついでにヤスリをかけて塩をすり込む勢いで叫ぶ

      そして、その内容が正論であるからこそ、青年はアラウンド還暦のようにキレ返す事ができず

      ただただ伏して、仰る通りですマジすんませんでした、私が馬鹿でした

      とコメツキバッタのように寝床の上で頭を下げ続けるのであった



             、ー- ..,,
           ヽ:.:.:.:.:.:`''ー- ..,, _                     __
              >=-:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.ヽ:.:.:'':.ー- 。.          > ´  /
         >.:´.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:` <     > ´     {
        /.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:ヽ  /       /
       ´ .フ:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:y'       /
         //.:.:.;.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:/!:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:ヽ:.:.:.:!{ー -- ==<´
      ///.:.:.:/.:.:.:.:.:.:.:.:.:/ {:.:.:.:.:.:.ト、:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:',:.:.:{リ:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.ヽ
      /  /.:.:./.:.:.:.:/.ヽ:.:/  ',:.:.:.:.:.| ヽ:.:.:.ミ、:.:/.:.:.:.:.:.:,:.:.:ゞ ̄ ̄ `゛'' 、:.:.:\
          ,:.:.:/{.:.:.:./!.:.:.::`ト.  ヽ:.:.:.:i  \:.:.',ヽ:.:.:.:.:.:.:.:.:}:.:.:.:,へ/!`ヽ  ;.:.:.:.:.:.
      /{.:.:; !:.:.:.{:ハ:.:.:.:.:! \ ヽ:.:.!   .メ:.} !:.:.:.:,:.:.:.:.:/  ヽ ヽ ', }:.:.:.:.:.:,
     /.:.:.:.!.//!:.:.:| !:.ヽ:.:.!  \,、ヾ! {、/  ヾ }:.:.:/:.:!:.:.:\   \ ソ  !:.:.:.:.:.}
     !:.:.:.:.レ// ',.:.:! ヽ.:ル{  ○        ○   !:.:/:.:/}/ \   \  リ:.:.:.:.;
     |.:.:/:.:.:{ \ヾ:! |:.ソ , , ,  _____  , , ,|イ:.:/´     \  / /:.:.:.:/
     |:.:ハ:.:.:.!  \ lハ     iVVVVVVハ.   ,j:.:./       / `´   /:.:.:.:/
     |/ ',:.:.!.    ヽ|:.:.ヽ.,,_}         !_/:.:./     /       /イ:.:/
       ヾ{       |:.:.{ ト、 |_____} /:.:,' ヽ   /      ノ:./
               レ' }ー-   }.:.://__ノ/:.:/=ォ.  r ´     /'"´
              \ノ  =-r_ソー- ==ァ:.:/  {!{  |
                  /{__,,.ィ7 }ヽ`゙  /:イ、____ヾソ
              / く._// ヽ!. ヾー'   ゝ
              `ー- 、/  ヾ ̄__,..イ
                ノ、         八



143 : ◆O27xb/033o:2016/02/04(木) 22:58:20 ID:uaFvBLeM





    何かアレな方向のお説教を想像していた者もいるかもしれないが

    砲兵は本来は理性的な人間なのだ

    某凡人が酷い目に会わされたりしたのは、独断専行と指導無視が過ぎたのもあるし

    某ドワーフに至っては「お話聞いて!」と一応は言っていた

    それらのイベントが無く、砲兵になっていたとしても、いきなりレイルガンぶちかましたりはしないのだ

    ただ反論できぬ痛いところを延々つんつくされるだけである




            ..: ; ; ;.:.. .. .: .:; ∩ ;: .:, ;'"`:..,'"   ____                      _ -‐=ニ  ̄-‐=ニニ=-‐   ̄
              .; (\ ;.:. ., ,:, | | ;:..,' ;':/〉 ,, -‐…¬==ミト .    /)    _  -‐=ニニ ニ=-‐   ̄
`>、       ____\\rヘ ∪ ;.:/ .:〈//           `ヽ \ / (-‐(\ニ=-‐   ̄
:. :.⌒>、 .:: ´:>‐…‐-守ト、'"''"~"'ヾ,,'// .:;'  ;:. :.       __`寸ヽ、 -‐=ミY__  /〉
`'≪:.. .:えV⌒ヽ;:. .::;:;'"''゙`寸ム    んへ  /) ;:. :._ -‐=ニ ̄_.: : Vハ(//jL_´  `くくf‐- 、
.   `ん7    `ヾ、;: :.'  Vハ    ⌒ア´/-‐=ニ ニ=-‐   .: :. :V∧レハ仍ハ屶Lj\)`ヽ\
    彑7⌒ニ=‐-=ニ;:. :.   Wハ     ⌒⊇=ー ∠ ̄\,ィ》 .:' : .:,:ィfVハ イ>、'_jレ゛      ))
    {幵r‐--、 ____: :.   }幵}     ⌒∋=-└‐=ミ、 「イ》:...:彡'´ i幵  》vj《^Tヘ、   /´
   Ⅷl `ー=ニ  ̄.:. :.   仄7       )≧=f⌒Y刀 jレ'´ 彡'__  }幵∠ (_x_フ[ィ=ミ_`゚*。
    Ⅵ、.;: ( /.: ..:.. :.   ∧y′     ー=ニ三‐- ̄ ̄ ̄三┴===仄jフ7} }=i=ーi-'…┘8
.     マk.:;: )/⌒)  :. ,ィ ∨     ,;'"ー=ニ三   ̄ ̄三Ξ:, ‐- .:彑7《ト、  r》  ゚*o。o*゚
     \ 、 .: / ) :.  イ    .;'":..\\    ̄  ‐-=ニ:;:.,   ∧V/^'┘ ^ハ          __     :
       ` ‐-≠=≦'"''"'' '''i'' i'"〈ヘ:. .:\) (\ ;. \)‐-:;. :..   仁y/       ト、‐-  ,ィ'彡''"´__    i  :
       ..;:´ //.:'"''ー'"'∩.:ii ii .:vヘ:.  .:; :.. \\ ;.  ,:.   / イ´        トvヘ    》 彡'"´    i  i
     ..;.  (/;' :.     .:| | :ii ii  ..:vヘ:.   `:.. \)     / イ7      /l    `V 》, / 彡'"´ ‐-) ヽ | :i  :
       .:;..,;:.;:';'..     ..:'∪ :ii ii  ..:vヘ:.    ‐-=ニ -=≦ ムj     ,'/|      〉_〉/ 彡'"\ーく⌒ヽ,\j  !
       .;:':.      .:'  .:ii ii    .:V〉ヽv‐y'  气⌒ヽ   厶 0 ///|    / _〉‐ノ  v  )\ く⌒)>、`、 i
        .;':.      .:':.   .:ii ii 、ヽi i、___) {   / 气  \  ーハ>、////| 0 _ ィ_jー'T´   } /   V⌒ヽ 'ハj
      .;:':.        .:':.. .. .:ii ii \| | __)_ヘ,/ /  气  \/ーy'\|\|ヽ/ヽ' /   /      /'⌒ヽ)' } }
      ,:':.         .:':.    :ii ii:.´  、 、ー‐-ヘへ /__\`¨ /》‐/ ‐-  -‐   ⌒ヽイ     /、_,ノ  //
    .;':.        .:':. ..:ニ=‐i´ ii:.    \>Y(⌒´ )>、     /ーy7 …‐‐‐---‐…=≦  |  ,ィく f⌒ヽ)ヽ  ゙
    ..;':.        .:'.; '"´  :ii ii:.     \>≫=彡')≫ ,、_ 乂ン     \  /   ̄イ⌒>=ミト、  く/
  ..;:':.      .:ニ=‐;'´     .:ii ::      ` ‐=ニ>、 ̄ー(⌒>X≧=---  --‐=≦ー<⌒X≧=彡' > ´
 ..;:':.     .:ニ=‐ ´..:;'       .:: ::.        `  ‐-=二〉⌒´ 〉 ー'⌒' 7〉/__ノY⌒)-‐ -‐  ´
..;:':.  .:ニ=‐ ´  ..:;'      .:  :..                ̄   …‐‐----‐‐…    ̄
;':.ニ=‐ ´       ..:;'


145 : ◆O27xb/033o:2016/02/04(木) 23:07:16 ID:uaFvBLeM




     二時間にわたる、心配してんだかお説教してんだかよく分からない時間の末

     青年は色々と約束させられた上で、やっと許して貰えた

     まぁ、コイツはコイツで人様ん家で切腹未遂やらかしてるし、多少はね?

     何やら個人的な思惑が滲んでいなくもないのだが、それは目をつぶろう

     可愛い我が儘は妹分の特権である



          _
          ト\
             ヽ \      ___       , - ―,イ
         __〉  `ヽ. . ´: : : : : : : : : . . .  /  /
        . ': : : : : : `Y´: : : : : : : : : : : : : : : : : `ヽ-‐…‐-
     /: : : : : : :=ニⅦ)ミ=‐: : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : `ヾ
.     /: :/::/ ̄/  }ミミ/: : : : : : : : : : : : : : : : : : \: : : : :\: \
   //: /   ./  人ミ/: : : : : : : :/: : : : : : : : : : : : :ヽ: : : : : ヽ: :}
   ,'/: : /    / /|: :./:./: : : : : :./: : :/j: :ハ:.: : :.}: : : :l: : ヽ:.:.:.lメ、
   |: : :イ    //|: :.l: :|:.,': : :.,': : :/: ://: / |: }: : l: : : :l: : : :',:.:.:l
   |: : : l       ',:.ィ=ヽ!:l: : l: : /===‐:/  イリ|:__j : :.:,': : : : l: :.!
   |: : : l .       ヽ{ /{l{ l: : |: x≦不ミj/   ノ l: :lミ:.:/j: : : : .l: :}
   ヽ: : :{       \{:l人: |:《弋zっタ   7テミチ: :/: l: : : :./乂    はい、もう一度復唱!
     \ハ       リl: : :|メ、`‐-‐'     込ソ'レ': : /: : :./
       ヾ`丶     ノ.ll',:.:.l        ,   //}: /l: : :/      「はい……心配かけません
              | ヽ;ハ      __ _   ノ|/  l/ l}ハ/        きちんと休みは取ります
              }    !`ヽ、     , イ  リ    〃          無理なことは無理って言います
             ノ      { ´ ̄    ′               あと二週間に一回は翠屋に顔出します」
          . イ¨\      `ヽ _
       /   ¨`ー-、`丶ー- -‐} }ト、                あと一個!
        /           {二{只}二}.     ヽ
.      {/                 /.∧ヽ   l   ',           「一月に一回は遊びに連れて行きます……」
        |      |/       { { } :}.   |     |
        |      |!     三三三三三  |!   |            よろしい


146 :普通の名無しさん:2016/02/04(木) 23:08:10 ID:z4Cf8dw6
カタに嵌められてる…


147 :普通の名無しさん:2016/02/04(木) 23:08:15 ID:bm.hpGU2
最後…


149 :普通の名無しさん:2016/02/04(木) 23:08:27 ID:YZ4grNzw
何やらねじ込んでらっしゃるw


150 :普通の名無しさん:2016/02/04(木) 23:08:33 ID:v69HK8n.
なんか欲望を感じる約束が混じっているんですがww


151 :普通の名無しさん:2016/02/04(木) 23:08:46 ID:3eT8FLos
wwww


152 :普通の名無しさん:2016/02/04(木) 23:09:05 ID:75otE08A
壁にヒビがが入ってないか?


154 :普通の名無しさん:2016/02/04(木) 23:09:54 ID:KxtRNBN6
きっと事あるごとに最後のひとつみたいなのが増えていくんだなw


155 :普通の名無しさん:2016/02/04(木) 23:10:33 ID:nLRe1jQc
そうやって追いつめた結果心労で倒れてだな



156 : ◆O27xb/033o:2016/02/04(木) 23:11:29 ID:uaFvBLeM




    まー、こっちゃまだいい

    砲兵は冷静にキレていたし、その後の謝罪もあったので鎮火はできた

    これが大事であったなら、もっと後に響いたのかも知れないが

    別に命に関わるようなものではなかったので、砲兵も頭の根っこからぶち切れた訳ではなかったのだ

    が、しかし




                      ,. -==‐___
                  __/ '´_,.-=ニ.._ー ̄``ヽ.
              , -'´ ̄   `   -- 、 \_    \
       __   /         ヽ \ 、 \ \     ヽ.
    , ' _,. -─ `ミトi、 / / / l l l l l i ヽヽ ヽヽ ヽ ヽヽ    ヽ
  /     ,. -‐rァタ//   l l l l l l l l ,.LLi_l l l l l i  ヽ.  i
 / / / , /   |i //   l | j l l l l li j_⊥i`刈 l l リ   l  |
 !/ /  / /     li l l l  l l,.ィ7下リ l/l/i下刈〃/j リ     l   |         素直なのは美点だよ、やる夫兄さん
 l l  / /       い.l l  Vト/ __ ′ ヾ'ソ l l/ //      l  /
 |   l |       ヽ.ヽ{ヽ. ヽv'´ ̄`   `   } レ′  _,.イ/           じゃ、お茶煎れてあげるね
 l   l |       \ヽ\ヽ.     -‐'  ,.イl l   ニ-‐'´
 l   l l         7イ≧ミ>.-─- 、/ 川
 ヽ  ヽヽ          〈_>' //    ヽ  l /
   \  ヽ\      f7 / //        l l/    ==m         _
     ヽ ヽヽ`ー-   〃,' lイl     ヽ l          ll       / ̄
      ` ー-     l l  |リ        ヽl      「 ̄ !! ̄lr─‐‐ォ′
                 | |  |{        !   ├‐‐ll─ll   / !
                ,ハ. |  |.ヽl       l     |   ll  ll  /  |
             { i |  | ヽi      __L_   |  ll  l /  l
              l j |  |  l    /  o_|  _Lく>ヒレ1/こヽ !
           ,イフ〃 ノヽ._ ヽ__/   /┴-'─‐┴--‐'´ ̄、ニr‐───_ァ
           心_ヽ\ \_,/     〃´            \二二二ア′
          //刀ハ. ト--\     /   __,... -==ー 、..____ァ‐'′
          /__/ ////l | | \ \./丁 ̄


163 : ◆O27xb/033o:2016/02/04(木) 23:18:04 ID:uaFvBLeM




     一人ジェダイオーダーの方は、そうもいかんよねって話だ

     彼女にとって祖母と青年は、始めて家族の温もりを与えてくれた人物

     特殊な生い立ちと立場故、依存するに剰りあるだけの恩を感じていた

     それこそ、どちらかが酷く傷付けられたなら、即座にダークサイドに落ちる程度には

     何? もうシス染みてる? 魔力変換適正のせいだから仕方ないよねって




   i    /           / /   、 ヽ \  、  `ヽ
ヾ:、 |   ′  /  / /  ′∧   : ハ  丶  \   \
ヽ.  1   i    .′ .     イ ,′}   i   :.   \  `ト、   :.
、  l   :|   i   i {   j !   ! l |  l i     :.   ヽ\ i
ヽ\ |   :!  从   イ ハ _厶 {  } トL_|  ,ハj i   ',   ,  ヾ:
  `ー|   :!  小斗十ナ_「_:tハl  ムイ}/k`/i ′ |      i   }
: : :_:_j   :ト ´| ト;才云r‐トく ヾ  j丐::Y〃   !    :!   '
: :/:、 !   {ハ k/,:イ:::::::`;1      ん}'イ/ |   ∧   ハ /
: l :/|   :トミx{ヾ:{ !ぅ::::::i     ヒ:ソ .′:!  .′:   / }/
ハ Ⅵ   :|ヾ{\{` .乂_ーノ      ¨´.:{  !  {  i /   ′
\`ミi   :| `  `.:.:`´.::::.:..     >.:::ノ  ト、 、 }/
  `Y   |   ..:.::::::.:.:.:.:..   _   /   | \V
   |   :|          ´ .イ|:     |   `
   |  ..:| ≧ュ  _       / l |:     |
   |   : :|       フ:r ‐:1:.  l |:     '
  /j   ト、  _..彡:::i:`:::トx  | !:    i
.:′:::    |::::7=fヾ:::::::::::{:::::::::::. :.`Y    |
::::::::::i     |:/::::::{:::::\:::::!::::. . : : : :|:     トx、
::::::::::|     l′:::::}::::::::::ヾノ:. . : : : : :!    |::::::..\
::::::::::|    |::::::::::|::::::::::::::::::::::::::::::::::}    |::::::::::::::丶



166 :普通の名無しさん:2016/02/04(木) 23:19:15 ID:v69HK8n.
やめろ、ヴァーパッドはいけない!!


167 :普通の名無しさん:2016/02/04(木) 23:19:30 ID:I/Qoo772
ああ、雷撃ってそういう……(目逸らし


168 :普通の名無しさん:2016/02/04(木) 23:19:55 ID:GJGcSK6E
サブなののフェイトそんがアナキンに被ってしゃーない


169 :普通の名無しさん:2016/02/04(木) 23:22:06 ID:s0Gmoytc
フェーフェーフェーフェッフェフェーフェッフェフェー


170 :普通の名無しさん:2016/02/04(木) 23:22:57 ID:xdwW75RM
このこには友達が必要だw



171 : ◆O27xb/033o:2016/02/04(木) 23:23:52 ID:uaFvBLeM




     だからこそ、見舞いに来た彼女がしたのはお説教では無かった

     それは懇願、或いは哀願とでも呼ぶべき何かだった

     無事な姿を見た後で笑顔を浮かべたと思えば、顔がくしゃっと歪んで泣き始める

     そして一人ジェダイ、もとい少女は彼の膝にすがりつき

     「私の側からいなくならないでください」

     と涙声で延々と言い続けたとか




                      ____
           __    ,..-‐……‐-='´   ミ: .、
       , ´  `Y´           /⌒ヽ\⌒`
.       /      V         _j     \` ミ: .、
     .′      }_       _j      }r‐‐⌒`
     i       '/`       !      「\
    /i     .′       !      |   ヽ
    ⌒|     i、          i,   :.  ト 、  `、
      |     i乂_、  i     j,   :. |  ``ヽ〉
      |       ;│ )\,,j___,,,../ j、   : |、
      !    ,’! j r┴===rー '´!   : !`
     i    ,゙  レ'´    `ニ‐、!   : !
     !    .′ィ゙         i」、   : !
     /i   '/rく「l          l」 i、  :. i、
    ,゙    ,゙ 「「 |」           l」 j、  : i、
.   /   ,゙ |フ│ー‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐l」/ ,  : :
       .′ | 〉`¨¨¨¨¨¨¨¨¨¨¨¨¨^7   :   :.!
  ,′   '/  |ムニ=======ニニ_|   !  : !
  .′  /.′ │Kア¨¨¨¨¨¨¨¨¨¨¨¨│  i     !
  i .   '!   | ヽ) ‐-    -‐ ´!  |     !
  | : .'i |    |  `ァ‐   -‐  ´ !   |    !
  i i i i i    |  /´           i、  |   / i
 ! !i i    | '/             i、 j   / | !
  ,! ,、   V                 i、j′'∧ j j
.  ’ 、 ’ \ /                / j/ イVj
    ,\ `ヾ)                 / '///// 〉



173 :普通の名無しさん:2016/02/04(木) 23:24:38 ID:IV8pS43g

これは きつい


174 :普通の名無しさん:2016/02/04(木) 23:24:44 ID:fFMFQSTA
……ぅわぁ


175 :普通の名無しさん:2016/02/04(木) 23:25:16 ID:WXJqPhV.
ペロ、これはヒロインフラグ


176 :普通の名無しさん:2016/02/04(木) 23:26:10 ID:xdwW75RM
あかんですわ



177 : ◆O27xb/033o:2016/02/04(木) 23:29:33 ID:uaFvBLeM





     青年にできたのは、誤りながら彼女を抱きしめてやることで……

     疲れ果てて眠った彼女を抱きしめる姿を見て、面会時間が終わったことをつげに来た看護師は
      何も言わずに、毛布だけをかけて部屋を後にしたとか

     愛深き者はジェダイに向かないとカノン(SW正史シリーズ)で言われているが……

     その辺、青年が前に 色々アナキン染みてきた と零した感想は的を射ていたのだ

     魔法とかのこともあり、少女は結構周囲から浮いた存在であり、さらに砲兵との仲も良いとは言い切れない

     良くて好敵手、悪いと“敵”だ、それも多義的な意味での

     悲しいことに、彼女には家族しか居なかったのである。地球で作れた、たった3人だけの家族しか




                ........:::::::::::::::::::::::|                      ヽ          ヽ//////
                .......::::::::::::::::::::::|   /                              ∨///
                   ....::::::::::::::::::::::::l   イ                              .//ヽ
                ...::::::::::::::::::::::::::| / !   /                    |         |      |//  i
                   .....:::::::::::::::::::::::::::i / |   イ  .|             i        |      |〈   .|
                    ....::::::::::::::::::::::, ‐十 -.{ . _」,   ヘ        }           |∧  |
                   ...::::::::::::::::::,   ∨ i .  |   /、 |          '       l      ./∧ .|
                   ......::::::::::::::::::::::/テミメⅣ {_ .    / `ト- 」_    /       !  |!    l'/'∧|
                  ....::::::::::::::::::::::::::′   `心 | ` Ⅵ   ′ ハ /   ‐-/      |  Ⅳ    ,////l|
               ....:::::::::::::::::::::/       丶   |  '  -‐ ∨ ,イ   '        !  }     .////||
            ........::::::::::::::::::::/            |/   斗ニ示ミメ.|  '!     イ     .   |////||
____________イ|                    ヾっ / l     / l '  '|  |  /∨ //||
三三三三三三三三三三三ニ圦             ,           l'/ .|  ' '  |/ / |  |  '   \/,||
三三三三三ニ_,. -‐  ̄`ヽ .≧=-        ‐-  _           ′,|   /}   '  |  l/      ヽ||
‐-  -- - ィ´     ヽ、._ ヽ   ≧=-        `          /, / | '}/ .|  /   .!         .|
                \_ノ≧=-    ≧=-       . ≦´ / ′.|/ ′ |  '、   |           |
              `ヽ、   }三三≧=ー       ≧¨ ≦´ -=ニ彡 ′      | / ハ  .|           |
.              \  Y三三三三三三≧=-       `,.:.::´.::-‐     |'   }  .|           |
__     ─‐-   ム  ) ノ三三三三三三三三三ニニ≧=-/.:.:              |  .|           |


181 : ◆O27xb/033o:2016/02/04(木) 23:35:48 ID:uaFvBLeM



     翌日以降は青年が真摯に謝ったこともあり、少女は元通り……

     元気なジェダイオーダーに立ち戻って研鑽を再開した

     青年としては安心できたかもしれないが、何時間かに一回は無事を確かめる電話が来たり

     帰り支度をすべき時間になったら、合わせて呼びに来るようになるなど

     結構危ない兆候が見え始めていることを、彼は気がつかなかった

     元々の心根が強い分、大事な物に対する執着は、人一倍強いのかも知れない

     だからこそ、時代劇とSWにかなり入れ込んでいるのだろうか……



           ト、      ト   ,/
           | \    \ \| へ ___
           人   }   / ̄⌒Yヽ ―∠⌒
          /  \У⌒|     ト    \
            /    /   .|      | |  lト)
        /    /|   |      ハノ  | ノ
          /    /人   | |     | | ハN
         ,′  / /  \ N     Nイ|
        ,′ / /     Y| ヽ  ハ ソ
             /      ┤ |  ├| |
       | /   ′   / l| |  人 八
       | /  |     /′ l| | // _>)
       |'    |     |l   ,|  V//  |
      |   |    ∧_ /   //    \
      |   |   /  ̄/   //   ー=彡|
      |   |   〈  ./   / \   \|
      |    |  {三 /   /     \   \
      |    |  〈__ /   / 三三三ハ     |l
      |    | / /   /  ー=彡‐\    八
      |  N |  ′ /     / ├ \ /三]}⌒
          | (| i   /          ノ   \三ノ‐┴
        \|  ヽ| ./           / _z‐┘\ \
              | 从   ―冖―⌒ ヽ三三ハ  ‘, ノ
            VNヽ(     V    } 三三}   Vハ
                   \   ―冖‐┘    \__ノ
                 |    |
                 ヽ __ ノ



182 :普通の名無しさん:2016/02/04(木) 23:36:51 ID:b3abLobY
ヤンデレかぁ…


183 :普通の名無しさん:2016/02/04(木) 23:38:14 ID:xdwW75RM
こっちが無茶しそうやん


184 :普通の名無しさん:2016/02/04(木) 23:38:30 ID:WFoFQTeg
多すぎィ!>何時間かに一回は無事を確かめる電話


185 :普通の名無しさん:2016/02/04(木) 23:38:35 ID:v69HK8n.
どちらかというと依存だな


186 :普通の名無しさん:2016/02/04(木) 23:38:45 ID:LgxOGuIc
帰るべき時間になったら呼びにくるのはともかく、数時間おきに電話はアカン()


187 :普通の名無しさん:2016/02/04(木) 23:39:53 ID:5o6oxQeM
ヤンデレの兆しが見えますね(白目



188 : ◆O27xb/033o:2016/02/04(木) 23:40:40 ID:uaFvBLeM



     さて一方、奇しくも同時期に胃をぶっ壊した心労中将殿

     その病室に一人の見舞客が訪れていた……いや、見舞い?

     正直当人としては「いや、帰ってくれ、たのむ」と言いたくなる面だ

     このアラウンド還暦、口を開けば人員がどうだの予算がどうだの用地がどうだのと五月蠅く

     面を合わせるために面倒くさい案件が生えてくるので、会いたくないのだ

     とはいえ、成立すれば使える案件を持ってくるので合わないわけにも行かず……

     治療のために入院した先で、更に胃を痛めるという意味不明な行為に手を染めることとなった



                              ,..-‐…‐- .._    __
                        . .:´:.:.:/^ヽ: .: .:. :.:.ミー'´.: :.ミ:.、
                           /.: .:∧/.: .:. :.)ヘ.:. .: : : .:. :‐-=ミ:.、
                         /.: .. .:/ .:.`.:. .:. .:. .:. :.\ヘ:.:Vヽ.: :\
                         .:.:i:.:.:.7. .:. .: .: . :. .. . . .. .:ヽ:.丶v.:.\.:..\       元気そう……とは言えないわね
                     ;:.i:.:.7. .:.':./∧:. :. .. . . .. . :ハ.:.:|: :. :.vへ:.:\
                     |:. i:.7. .:.:i∧i「^V、.. .. .. . . .:.:i:.:|:. :. :.ト、 `¨~`     「(なら帰ってはくれまいか……)」
                     |:.:И..j.:..i|‐-|i--vヘ : : : :. :.:.:.|:.:|::. :. :| !i
                     |:.:.レ:.:.|¬─jj‐--vヘ :. :. : .:i:.|:.:|::i::;:.:| !i
                     |:.:从:.::.::代旡Z``\\.:.i:.:i:.|:.:|::i:.i:.:j jj
                     |:.:.{ vヘ:.i i      | \`j:.:i:.j:.:|::レレ゙
                     |:.:人从:.:\     j〉  )jレレ':.:.l:::.:|  _,,...-‐=ニ二Ξ二ニ==‐-  ..,,_
                     |:.:.:.:./´⌒>‐、  _ _//,ムl::.:l:i斗<                    ____`ヽ、
             _,,...-‐=ニ二Ξ>'´  /   i 〉 `¨´ ´ ,イ 1::.l.:|         _三Ξニ=-‐   ´
 _,,...-‐=ニ二Ξ ̄         /く    /  ,ィ==j> .. イ ト、|;:.:i:.l          /
‘──────────<>、/i:》 》, 厶イ r‐’ノ竺竺竺竺! |i:.:;:.:l      /_
                んZi:i:i:i》 》////.:.:丁__`¨¨¨¨¨¨´| l:i:.:.从    /'///ミ>、
                  / 〕i:i:i:/ /.:j///.:.:.:/\ `¨¨ヽ、 ,ノ|:.i :.:.:.:.\/////////∧
                   |  ]i:i:/ /.:i7'// .:.:/>.、\      乂:.:.:.:.:.:.:.:.≧=‐-ミ,'///ハ
                   |  ]レ゙ ,イ.: .i|//:.:.:/     >.、_,r───┬=≦-=ミ:.:‐-:.`Y///ハ
              f⌒~/レ゙. : : :i|/:.:.:んニ=孑'⌒^ア`ー‐┬‐‐' ̄ ̄ ̄|: :`Y:.:.:.:|,'///ハ
                i| '/: : : : : : :.i| i:.:.|////7: : : /      :.         |: : :.|:.i:.:.i|/////ト、
                iL/: : : : : : : .:i乂.:ij'///7.: : :/      :.       |: : :.|:.i:.:jj/i///,j/ヘ、
                _j7: : : : : : : : .:i:i:i:i:)'///7: : :《          :.       i: : :.乂レ゙i/i///j//∧
              ィ⌒!: : : : : : : :.:i:i:i:i://///i: : : : \       ,へ    /: : : : ム'/i/i///j////!
               い__{: : : : : : :.:i:i:i:i:i厶////|: : : : : : \ ____人人__/.: : : ;イ///i/i//,'j'////!
              Z⌒ニ八: : : : : .:i:i:i/ \゙///|: : : : : : : : : : : ;イY∀Y≧=‐=≦'/////i/i///j////!
      | ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄|\ /|///|≧=‐-,-‐=≦: : :.:∧:. : : : : : : : |,'////i/i//」L」L」L、
      |┌────────┐l  l |///|'//; ; : : : __r‐……‐---┐____ 」L⊥L」/i⌒ヽ   vヘ
      |└────────┘|  | `~~´V//: : /く`ー=七 Z⌒ニ=‐-く⌒ニ=ミ     \  vヘ



195 : ◆O27xb/033o:2016/02/04(木) 23:45:44 ID:uaFvBLeM




    アラウンド還暦痴女が持ってきたのは、魔導強化外骨格の概略だったらしい

    どうやら着手から2年ちょっとで先行量産型を凄惨するところにまでこぎ着けたようだ

    よくもまぁ、殆ど一人でやったもんである……

    とはいえ、DIYで時の庭園作ったり、青写真の一部でプロジェクトF.A.T.Eを不完全ながら完成させたのである

    むしろ、これくらいはやれて当然と言っても差し支えは無かろう

    やれやれ、これで地上戦力がちっとは落ち着く……と思った中将は、資料の裏に別の資料を見つけた




          ___
       。s≦::::::::::::::::≧s。     _
.    /::::::::::::::::::::::::::::::::::::,:::`7`'`´:',__
.   ,イ:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::,':::::,':::::::::::::',:::::ヽ
   :::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::i::::::i:::::::::::::::::,ヽ\'.,
   :::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::!:::::l::::::::::::::::::l:::ム ヾ
   ::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::l::::::|::::::::::::::::::|:::::ム
   ::::::::::,'::::::::::::::/:::::::::::::|::::::|::::::::::::}:::::::l:::r、\_,
    ::::::::/:::::::::::::/:::::::::::r‐|::::::|!:l::::l::/::::j::l|::!  ̄       これ、先行マスプロモデルの概略が上がったから持ってきたわ
   :::::/:::::::::::::/::::::::i:::::!r.|::::l:|ヘ!:::l' i.|/|/|::}
    :::/:::::::::::::,':::::::::::!::::ヘ_l:::::l:! ヽ! ァ  }/          少しは胃痛がマシになったらいいわね?
   ::':::::::::::::/:::::::::::,'::::::::::|:::::|'. _ _/
   :::::::::::::::'::::::::::::,'::::::::::::|__::', /
   :::::::::::::::::::::::::::,::::::::::::::|ニニニ≧s。、
   ::::::::::::::::::::::::::i:::::::::::::::|三三三三三ヽ、
   ::::::::::::::::::::::::::!:::::::::::::::|≧、ー- _三三ニヽ
   :::::::::::::::::::::::::|::::::::::::::::',ニニヽ::}   ` ー、三ニ\
   :::::::::::::::::::::::::!::::::::::::::::::',ニニ三≧s。    `<ニ\
   :::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::!ニニニニ≧、     ` ̄マヽ、__ ,,
   :::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::',ニ三三三三}      ` ̄ ̄
   :::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::}ニニニニニ}
   :::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::|ニニニ三三ム
   :::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::|ニニニニ三}
   ::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::,|ニ三三三三ム
   :::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::/::/:|三三三三三ム


199 : ◆O27xb/033o:2016/02/04(木) 23:49:53 ID:uaFvBLeM



     魔導強化外骨格特科部隊設立企画書 と資料には銘打たれていた

     要は非魔道師、或いは魔導適正の低い陸戦魔道師を中核に構成した魔導強化外骨格を
      主軸とする治安維持部隊を設立しようというのだ

     それも、独立部署として海からも本局のお偉いからも口出しし辛いような物を、それなりの
      正当性を持って組織しようとする入れ知恵……

     要は、心労中将の壊滅した小飼の精鋭を別の形で再編成してやろうというのだ

     気遣っているのやら痛めつけているのやら、受け取った当人からしても微妙な案件であった



                       -.、
                 ゝ.ー---‐ヽ:ヽ,
                        >:.:.:. ∧:.:.:ー===..、
                      /:.:.:.:.: /:.:.∨:"ヾ、:.:.::.:.:ヽ
                   /:.:/:.:.:.:./:.:.:.:.,:.:,:.:.:.:.:ヽ:.:.:.',:.',
                     i:./:./:.:./:.::.:.:.:ルハ:.:.:.:.:.:.:、:.:.i:.:!
                     i/i:.i.:.:/:.i:.:i:廴__ i:.:.:.:.:.:.:.ハ:.j:.:!
                      Ⅵ:.i:i:.:Ⅵ マぅ ル人:.:i:Ⅳ:.!:.i
                     V ト:.:.:.ヾ  ,   レイ:.:. |:.j
                    _/i:.:.:.:.:.i\ -- /:.:.:.:|:ハ_,.. -‐-、
                 ,. .<: : : : :.:i:.:.:.:.:.i.j=>.<=i:.:.:.:.i ̄: : : : : : >.、
            ,...<::::::::::::>-‐-ノ:.:.:.:.:j/ ` ― ´ !:.:.:.:j‐/:/‐-、::::::::::::>..、
       -.=::≦:::::::::::::::::/: : : /:.:.:./ ー-  -一ヽ:.:.\:.: :. :. : :Y::::::::::::::::::≧:=.-
            ̄ ̄ ̄i: : : :/: : : : :i:.\       /ヽ: : ヽ: : : :.:|  ̄ ̄ ̄
.                i : /::::::〉: : : :〉:::::\_ヽ_ /:::::::::}: : :.}::\: :i
                ;/::::::/: : :/::::/:/ーr‐Y:i:::::::::i: : : \::ヽj
                 /::::i::: 〈: : :.:/:::::::::::::/i.  j .j:::i::::::::::\: : : i:::∧
             /::::::::::::: \: i:::::::::::::/∧..人 /i:::i::::::::::::::}: :./:::: ∧
               /:::::::::::::::::::::::ヽ::::::::::/:::j∧ . / .i::::i::::::::::::ルレ:::::::::::∧
           /:::::::::::::::::::::::::::::::::::::/:::::iハ._∨_/.i::::i:::::::::::::::::::::::::::::::∧
             /:::::::::::::::::::::::::::::::::::::/:::::::i二{: : }二!:: i::::::::::::::::::::::::::::::::∧
         /:::::::::::::::::::::::::::::::::::::/:::::::::i: : :.∧: : :i:::::i:::::::::::::::::::::::::::::::: ∧
         ー―- 、::::i:::::::::::::::/:::::::::::i:.:.:./ V: :.i:::: i::::::::::::::::i::::::::iー‐i"´
.            i:::::::/; ;L::>::::_::/:::::::::::::i.:.:/ _ .V: :i::::::i:::::::::::::::i:/:::::::::j
            i:::::/: : : : :.i ̄: ∧ミ:.ー:'ー.T´ `Tーr=―r-‐'´i: : ii::::::::::i

200 : ◆O27xb/033o:2016/02/04(木) 23:56:22 ID:uaFvBLeM




    正直中将は、この技術の流出云々は心配していなかった

    割とまともな話、別に中将は海からの干渉が嫌いなのであって、海そのものが憎いわけではない

    次元世界の秩序を護るため海が必要なのは分かっているが、やり過ぎなのだ

    何も担当者の胃がぶっ壊れるまで予算と人員を引き上げなくてもよかろうという話で……そこが憎いだけ

    だから、これを海が使いたいというのならパテント料くらい払えよ、とは言っても拒否するつもりはない

    その上で、干渉されづらい有力な手勢を使えるのなら万々歳なのだ

    流れが向いてきた。後はあの脳みそと変態どーすっかなーと考え始めた中将の思考を痴女が止める

    そして…………




             _,.ィ7777777777> 、_
        _,..</\/////ィ7 ̄7>、/ ∧
       {///7777 ヽr77////////////!
          ∨////////ィ'''''´ ̄ ̄ヽ////,{
          ∨/!´ ̄ `   ,    、 {///∧
         ∨{      /  _   { ∨//-'、        ふむ……これは……特機隊……か
         |/l   - 、 {_/_,.ィ  {//ィi }
         }/{  -r-。,=-、_`ー゚' ノ ∨/' /         「あ、そうそう、それと一つ」
         ∨!   ¨ { l }     /∧' 、__
          }ハ__ j  l ヽ __///∧ /}::::\            ん?
        _,.. ////// '=-=- '///////// , !::::::::} ̄ > 、
     _, <  {//////, -――- 、ヽ//// / !::::::::|       `> 、
  _/      \/////777777///// /  j:::::::::{
 ´       _/::::\//////////_/ /   /:::::::::|__
     > '´ /::::::/ \  ̄ ̄ ̄´ /    /:::::::::::l i i i i i` <_
  > '´i i i i i /:::::::::{ く\ `丶、_ / /> /,:::::::::::::| i i i i i i i i i i i
´i i i i i i i i i i,:::::::::::::|、 \> /三三\く/ / ,::::::::::::::! i i i i i i i i i i i
i i i i i i i i i i/::::::::::::::| \_/三三三/\_/ l::::::::::::::| i i i i i i i i i i i
i i i i i i i i i/:::::::::::::::::!   >---- く     /:::::::::::::/ i i i i i i i i i i i
i_i_i_i__,イ /::::::::::::::::::::!  /三三三ニ〉   /:::::::::::::/ i i i i i i i i i i i i



202 : ◆O27xb/033o:2016/02/04(木) 23:59:59 ID:uaFvBLeM




               もう一遍胃が死にかけた







.                -=、‐-...、
.                     _ヽ:::::::`:..、  ___
                   ,..::':::::`ー::::::::::`´:::::::::::::::`:::::...、
               ,...:´:::::::::__:::::::::::::/`ヽ_/\::_:::::::::::::`::.、
           -==‐‐::´:::::::::::::::/:::`::::::::::′:::::::::::::`' ヽ:::::__:::::::.,
             ̄フ:::::,:::::::,'::::::::::i::r、:,、::::::::::::::::::::::::',:::::::i::::::::i
             /::/::::::/::::::::::::l::!`ー'}::i:::::::::::::::::::',::',:::::l::::::::|
.            /:,' /:::ィ:::l:::i:::, --‐‐‐' i::l:::::::::::::::::::::',::',:::!:::::::i
.            !/ ,':::/i::::!:ハ::::::iイ赱=、.lハ::::::::::::::::::::::',::',:i)::::::|
.              i::,' .l::::i/:::i::::|.  ̄  j ゝ::::::::::::::::::::}::リ::::::::l      私は多分、遅くとも再来年には死ぬと思うわ
.              ',i .i::::::i::::ゝ:!、    ´  ヽ:::::::::::::リ::i:::::::::::!
                ',::::|::::i:::`i:\   _     \::::::i::::l:::::::::: l      だから、後はあの若いのに頼みなさい
                ゝiゝ|::::::',:::へ'   ̄` .ィ´iヽノ:::|::::::::::::|
                __ノ:::::::::',::::::',::::::::i`ー ´   |::::::::i::::::::::::::!      位が軽いなら、軍大学にでも放り込めば?
             ,'///`ー‐-',::::::'.,-‐′     .i::::::::l::::::::::::::i
             ,'//// ヽ/∧',:::::::':.,‐‐---,  __|::::::::',ー、------、     「……は?」
.            ///////∧ ∧',::::::::ヽ.    ´ .ゝ:::::::',  !///// i
            ,//////// i/.∧ゝ::::::::\      ',:::::::':., l///// |
           /,//////// |/,//`ヽヽ:::::::ヽ ヽ  i ヽ::::::::',!/////.i、
.          /::::;/////////.i/ ////\)::::::::}   ヽ.!  ヽ::::::ヽ/ヽ//j:∨
        ,.:'::::::i///////// , ////// ノ::::::::i     ,!     ヽ:::::ヽ/ヽ':::::',
.       /::::::::::ゝ、///////.i //////,'::::::::::リ、    ',    〉:::::::)//',:::::,
       ,:'::::::::::::::::::::`ーニニニニl /////,'::::::::::::{ ∧.   ,   ,'/}::::::i//∧:::,
.       ,::::::::::::::::::::::::::ノ///. ', //// {::::::::::::i///ヽ.  i  ///i::::::|///. i:::,
       ,:::::::::::::::::::::::::::',//////', ////ゝ__:::::::ヽ///∧.l , '///|::::リ////l::::;
      ,::::::::::::::::::::::::::::::',//////ゝ ///// ヽ:::::::',///∧ノ////.!::/ ///.ノ::::i
       !::::::::::::::::::::::::::::::::',/////// ` ‐- _ヽ::::j-‐‐‐‐‐ 、 ______, ':::::::リ
.      i:::::::::::::::::::::::::::::::::::',///////////////.iノ//////////////', ̄):::,'
       l::::::::::::::::::::::::::::::::::::',//////////////////////////////∧´ }::;
      i:::::::::::::::::::::::::::::::::::::ゝ___ -----‐‐ ´', ̄ ̄7 ̄`ー、/// ノ/                        じゃあそろそろ寝ます……












カテゴリ・他、短編など【エロゾンビ氏・魔法少女サブカルなのは】

  ←前   次→
スポンサーサイト

テーマ : やる夫系まとめ
ジャンル : サブカル

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

FC2USER586980IVF

Author:FC2USER586980IVF
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。